2021年2月5日金曜日

ストラスブール、大聖堂へつづく通り

フランス・アルザスの中心都市ストラスブール(Strasbourg)です。お仕事で何度もお邪魔させていただいている本当に素晴らしい場所で、毎回新鮮です。以前のように普通にお仕事が出来る日がやって来て、再び訪れることを心から楽しみにしているところです。有名な大聖堂を正面に見るMerciere通りには可愛いお土産屋さんやカフェなどがあり、コロナ禍となる前はいつも大勢の人で賑わっていました。老舗のサロン・ド・テ「Christian」のショコラも美味しいのですが、5番地にあるカフェレストラン「Le Dome」の静かな2階のサロンでランチがてらに何度か集中して書類作りをさせていただいたことが懐かしく思い出されます。また、この通りにあるお土産屋さんは多くの種類のポストカードが置かれていましたので、いつも日本へのお便り用にここでカードを購入させていただきました。写真は今から11年前、2010年冬のストラスブールの様子です。今日から、少しの間ですが、その時の楽しい写真を載せてまいりたいと思います。。。  ※ 現在のコロナの状況が落ち着き安心して過ごせる日常に戻ることと皆様の健康を願いつつ、不要な外出を避けたテレワークに徹し、しばらくの間は、私たちが過去にお仕事の道中に撮影したフランスの風景を載せてまいります。過去の掲載写真と重複するかもしれませんが、どうかご容赦くださいませ。 


人気の投稿