2021年1月21日木曜日

パリ5区、お馴染みのパン屋さん

日本でもすっかりお馴染みになったパリ5区発のパン屋さん「エリック・カイザー」。まさにその発祥のお店が、ここパリ5区モーベール広場のすぐ近くにあります。誇らしい2020年金賞受賞パン屋さんの文字が目に飛び込んできます。パンもタルト類も美味しい安心のパン屋さんですね。。。


2021年1月18日月曜日

パリ、地下鉄の風景

パリ地下鉄内のあちらこちらに見られるマスク着用義務のマーク。すっかり見慣れた日常の風景になりましたが、慣れてしまっていることがこの状況を延ばしているのかもしれません。。。


2021年1月16日土曜日

パリ17区、お惣菜屋さんの美味しいデザート

コロナ禍で外出自粛のこのご時世、少しでも充実したお家カフェで気持ちを安らかに保ちたいものです。前回紹介のパリ17区のお惣菜屋さんMAISON「POU」はデザートも充実していますので、あちこちのお店をはしごすることなく、一か所で買いだめできます。同じ通りには、日本でもお馴染みの紅茶店「マリアージュフレール」のサロンもありますが、そこでお茶が出来るようになるのは、まだ少し先になりそうです。。。


2021年1月14日木曜日

パリ17区の美味しいお惣菜屋さんPOU

このブログに何度か登場しているパリ17区の美味しいお惣菜屋さん「POU」。テイクアウトが必須のこのご時世ではこういったお店が賑わいます。写真は鴨肉パテのパイ包みです。持って帰ってオーブンで少しあたためると、より美味しくいただけます。こんな時は、栄養をとって、良く寝て、のんびり、健康的に日々過ごせるといいですね。


2021年1月12日火曜日

パリ14区、美味しいナッツケーキ

前回、夏のミラベルケーキを紹介しましたパリ14区のお店で、もうひとつその時に購入させていただいた美味しいケーキです。へーゼルナッツをふんだんに使ったケーキ「Piemont」です。中のプラリネもほどよい甘さで疲れを癒す午後のティータイムに最高です。 Piemontは、アルプス山脈の中でもイタリア国内の地域名だそうです。栗を使った有名なケーキに Mont-Blancがありますが、それに対してPiemontはヘーゼルナッツを使うようです。お店によって形は様々なようですが、このお店では砕いたへーゼルナッツを表面に散りばめてゴツゴツとしたイタリア・ピエモンテ地方の山の表面を表現した?(勝手な想像です)ような独自のスタイルでした。。。同じ形でピスタチオを使ったケーキLa pistacheもありますが、ナッツ好きにはヘーゼルナッツを使ったこのPiemontがお勧めです。


2021年1月9日土曜日

パリ、夏になったら食べたい14区のデザート

フランスも日本もコロナや寒波のニュースの毎日です。こんな時は夏のデザートが恋しくなります。写真を整理していましたら、昨年夏に美味しくいただいたミラベルのケーキの写真が出てまいりました。パリ14区、ムートンドゥヴェルネ通りのパンも美味しいパティスリー「Le Temps et Le Pain」でテイクアウトしたミラベルのケーキ「Mirabelle Individuelle」です。濃厚なアーモンドケーキの上にフレッシュな丸ごとミラベル。そして程よい甘みの板ホワイトチョコレート。夏らしい爽やかなケーキです。今年の夏には、また元気にこのケーキと再会出来ますように、今は、とにかく感染拡大の原因とならないような行動に日々努めたいと思います。。。


2021年1月7日木曜日

パリ、静かなロラン通りを歩く

パリのリヴゴーシュに位置する5区。賑やかなモンジュ通りと個人商店が並ぶムフタール通りを繋ぐいくつかの通りはいずれも良い雰囲気の路地ですが、ロラン(Rollin)通りは周辺の賑やかさとは別世界で、商店もなく雰囲気の良い小道です。1600年代前半に多くのものを世に残したフランス生まれの哲学者として有名なデカルトがいたことを示すプレートも目にするとかが出来ます。彼が一時期暮らしていたアパルトマンが今も普通に利用されていることも、ごく当たり前。それがパリであり、ヨーロッパの素晴らしいところですね。デカルトが描かれていた旧フラン紙幣がとても懐かしい今日この頃です。ちなみに、通りのつきあたりに見える青いテントの建物の上にはパリにたどり着いたヘミングウェイが暮らした部屋もあります。。。寒い日が続きますが、早く暖かい春がやってきますように!


2021年1月5日火曜日

パリ、地下鉄でヌテラの味を

パリの地下鉄駅などでよく見かける自動販売機。近付いてみると、、、ありました!ヌテラ(Netella)の「B-READY」。以前は大好きだったヌテラをたっぷりつけたバケットの朝食や午後のクレープ・ヌテラも最近はやや重たく感じ(お年のせいでしょうか…)るようになり、少々遠ざかっていますが、たまにヌテラが恋しくなった時には、数年前に登場したこの「B-READY」がその恋しさを満たしてくれます。サクッと軽いウェハース生地の中にヌテラが包まれていて、手を汚すこともありません。スーパーやキオスクなど、どこでも気軽に購入出来るのも良いですね。。。


2021年1月4日月曜日

2021年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます

2021年も明けて4日目となりました。皆様、明けましておめでとうございます。このブログはコメント欄を設けておりませんが、それにも関わらず、旧年中はメールにて暖かいご声援を沢山の皆様からお送りいただき、本当に有難うございました。フランスでは東部を中心にいくつかの地域でCOVID-19対策としての夜間外出制限が更に強化されるなど、世界全体を見てもその厳しさが新たな段階に入っているように感じられます。今はお互いが協力し合いながら良い方向へと進む努力を行い、そして、この状況が落ち着いた後も、その相互協力の精神が続くことを願うばかりです。2021年は、まだ始まったばかりですが、いつか振り返った時に未来に向けて着実に前進した年だったと思える一年となりますように。。。それでは、本年も、引き続きまして、このスタッフブログをどうぞ宜しくお願い申し上げます。


2020年12月22日火曜日

パリCDG空港、それぞれのノエル

パリCDG空港内にも所々でクリスマスツリーを目にすることが出来ます。ノエルですねー。2020年も早くも12月下旬に差し掛かります。今年の春には防護服の完全防備でフランス入りする団体さんの姿に驚いたものですが、今では、決して驚くようなことではないと感じています。世界へ目を向ける人たちを守るために、春の段階ですでに多くの対策を取ってきた人たちやその国を敬う気持ちになります。。。今年の12月はこのブログをあまり更新できませんでしたが、来年は沢山のフランスのクリスマスの風景をお届けできますことを願っています。皆様へ、Joyeux Noël 2020!


2020年12月17日木曜日

パリ、「ラ・ブーム」の風景・その2

パリ5区、普段は教育関係者の皆様や学生にパリ市民、そして観光客で賑わうエコール通りからパンテオンに向かう上り坂。パンテオンの姿が目の前に迫ってくるころに左側の建物に現れる地味な鎧戸(ボレ)。先日もここで書かせていただきました1980年のフランス映画「ラ・ブーム」に登場した路地の鎧戸がそのままの姿で残っています。古いものを大切に保って長く使うフランスだからこそ、多くの映画のシーンもいつでも現実の世界の中で楽しめます。この鎧戸の前を主人公の女の子が通りすぎるシーンが蘇ります。今はマスク姿のパリのマダムが通り過ぎています。昨日のテレビニュースで、パリのリヨン駅が冬のヴァカンス客で賑わう様子を目にしました。年末に向けて、コロナ拡散が再び勢いを増さないように願うばかりです。。。 


2020年12月16日水曜日

パリ、日中の外出規制緩和です

フランスでは、ようやく日中は許可証なしで自由に街歩きできるようになりました。ただし、夜間の外出規制は継続され、まだまだ油断は禁物です。このパリ5区のパンテオン広場が多くの学生さんたちで賑わう普段の様子に完全に戻るまでには、まだ少し時間がかかりそうです。。。


2020年12月13日日曜日

パリ6区、ヴュルピアン像の風景

パリ6区、リュクサンブール公園にも近い路地にたたずむヴュルピアン像。いつもは学生さんたちの姿が多いこの界隈です。ヴュルピアンさんの様子がおかしいので、近付いてみると、、、彼もやっぱりマスク姿でした。早くマスクを外せる日が来るのを願っています!


2020年12月7日月曜日

パリ、仏映画「ラ・ブーム」の風景

パリ5区。幾度となく通るこの道も今日は静かです。この道を歩くたびに思い出す映画があります。当時新人だったソフィー・マルソー主演の1980年公開の青春恋愛映画で「愛のファンタジー」の曲が印象的だった「ラ・ブーム」です。フランスでは今でもテレビで時々この続編の「ラ・ブーム2」とともに放映されています。たしか、「ラ・ブーム」の冒頭のシーンで、リセの門(写真右側)から出て来てこの道を歩く初々しいソフィー・マルソーの姿があったように記憶しています。通りの向うの方に見えるバス停の姿も、突き当り付近に小さく見えるデカルト通りとの交差点の建物の外観も変わりましたが、それ以外は映画の世界そのままです。。。フランスの新型コロナの一日あたりの感染者数は順調に減少してきていますが、これからノエルと年末年始がやって来ますので、まだまだ油断は禁物です。


2020年12月2日水曜日

パリ、消防士さんたちも頑張ってます

パリ5区のモダンな消防署。茶葉を購入するためにお茶屋さんへ向かう道中、その前を通りかかると、消防士たちが消防車の点検と確認を繰り返し行っていらっしゃいました。ご苦労様でございます!そして、いつも有難うございます! 早くも2020年も12月。フランスのコロナ感染者数はひとまず減少傾向にあります。。。


2020年11月27日金曜日

パリ、サンルイ島のネコさま

パリ4区のサンルイ島。セーヌ沿いを進んでいると、どこからかネコさまの声が聞こえます。声の方へと歩みを進めてみますと、ご覧のような皆さまの姿が。。。明日からは、コロナ対策の規制が大幅に緩和され、少し自由に外へと出歩くことが出来るようになるフランスですが、まだしばらくは我慢して、ここからセーヌを眺めているのが健康のためには良さそうですよ。


2020年11月26日木曜日

パリ5区、ネコさまも外出自粛中

フランスではフランス政府から段階的なコロナ対策の緩和策が発表されましたが、クリスマスや年末にまたまた羽目を外す人が沢山出そうで、心配は続きます。今の発表では一日の新規感染者数が5000人を下回った時には殆どの規制が解除されるような流れになってきていますので、それも少々心配の種です。。。写真はパリ5区の住宅街、パンテオンのすぐ近くです。何やら遠くからの視線を感じます。いつもは住人の靴が干されている窓枠に今日は可愛いネコさまの姿。全く動くことなく、じっとこちらを見ています。しばらくして、戻ってくると、まだ同じ姿勢で窓枠に座っていました。このご時世、ご主人さまに気をつかってネコさまも外出自粛中なのかも知れません。。。


2020年11月21日土曜日

パリ4区、道路標識もマスクに変身

パリ3区と4区にまたがるヴォ―ジュ広場を歩いて通過し、バスチーユ広場方面の食料品店へ向かおうとした時、ふと一方通行の道路標識が視界に入りました。 近寄って見てみますと、一方通行標識の白い横線が、誰の仕業か、なんと、マスクに変身してしまっています! 日本ではありえませんが、ここでは妙に街と馴染んでしまっています。。。近々、マクロン大統領がコロナ対策を一部緩和する方向でフランス国民に向けてテレビの生放送で語るのではないかということです。厳しい規制で一日当たりの感染者数が少し減っている感じですが、もうしばらくの頑張りが必要なようです。一方で、日本が心配でございます。。。


2020年11月17日火曜日

パリ、画廊の彫刻もマスク姿

先日、このブログでショーウィンドウのなかのマスクのことを書かせていただきましたパリ5区のカルム通りです。この同じ通りのお洒落なマスク姿のマネキンさんの2軒となり。古物を専門に扱う画廊さんのウィンドウ内に先日は気が付かなかったマスク姿の彫刻さんが。。。こちらは、フランスで定番の水色不織布サージマルマスクを着用されていました。うっかりマスクの着用を忘れている人も、彼女の姿を見てマスク着用を思い出してくれるとイイですね。。。


2020年11月11日水曜日

パリ6区、彫刻も歩きスマホ。。。

パリのリュクサンブール公園。ふと秋空を見上げると1800年代の彫刻家Charles-Arthur BOURGEOISによる作品が聳え立っていました。なんとなく、その姿はスマホを片手に歩きスマホ姿のように見えます。。。歩きスマホは危ないので注意してさしあげようと近寄ってよく見てみますと手にしているのはスマホではなく台本らしきものでした。ギリシャの舞台俳優をモチーフにした彫刻作品でした。。。フランスに於ける新型コロナの一日の新規感染者数が何となく減ってきたようですが、まだまだ多い数です。このまま減少が続くことを期待したいです。


人気の投稿