2022年6月25日土曜日

美しいリール観光局の内部

フランスには各地に個性的な観光局があります。リール市の観光局は古くからの建物がそのまま活用されていますが、石の螺旋階段を上がると2階にはこのような光景が見られます。晴れた日にはステンドガラスを通した美しい色に満たされた室内を見ることが出来ます。地上階(日本式1階)にはインフォメーションカウンターがあり、リールを中心としたフランス北部の最新の観光情報を得ることが出来ます。。。


2022年6月21日火曜日

研究者たちの家、リールの風景

北フランス、リールのJean Bart通りを歩いてると突然現れる現代的な建築物。壁には「知れば知るほど好きになる」との日本語など様々な言語の言葉が並びます。 ここは「Maison Internationale des Chercheurs」です。直訳すると研究者たちの家ということになりますが、実際にその名の通り大学関係者を中心とした国内外の研究者やその関係者のための宿泊施設となっているようです。研究者と言えば、リールはパスツールが学部長を務めた学校があることでも知られています。先日までの熱波も過ぎ去り、過ごしやすい気候になってまいりました。。。


2022年6月18日土曜日

フランス、厳しい熱波のピーク

2022年はまだ6月ですがフランス各地で大変な高温になっています。今日18日の土曜日がそのピークとなるようで、日曜日からはなんとか気温が下がってくれるとの予報です。ちなみに18日のパリは38度まで気温上昇が予想され、ここリールでも午後から夕方にかけて34度とのこと。青空に映えるリールの大聖堂の内部ではジャンヌ・ダルクが描かれたステンドグラスが聖堂内に沢山の光を与えていることでしょう。それにいたしましても、この暑さの中で安心して休める部屋があるだけでも本当に有難いと思う今日このごろでございます。。。


2022年6月14日火曜日

リールの朝の街角

リールの朝。お仕事先へ向かう途中の何気ない風景です。ナッツ系のゴロゴロ感満載のタルトは美味しいに決まっていますね!しかしながら、やはりこれからの夏場はフルーツ系が多いようです。。。


2022年6月7日火曜日

北仏リール、江戸時代初期の建造物

さすがに北フランスも6月に入ると午後の気温が20度以上の陽気になってまいります。写真はリールのフランドル駅からもそれほど遠くない仕事場からの徒歩コースでいつも目にする立派な門。近寄って見ると1621年に作られた建造物であるというプレートを発見。今から400年前の皆さんが見ていたのと同じ壁を見て門をくぐっているというのはとても感動的です。日本では江戸時代初期。島原の乱で知られる天草四郎が熊本の地で誕生した年ではないかということです。それぞれの国で育まれてきた歴史や文化によってもたらされた素晴らしい建造物を守り伝えて行くには平和であることや他国の文化を尊重する心が何よりも大切ですね。どうか、これ以上、美しい街と文化と生命への破壊行為が続きませんように。。。


2022年5月28日土曜日

リールで美味しい持ち帰りピザ屋さん

北フランスでも美味しいピザがいたるところで食べられる昨今ですが、昨年の開店からテイクアウトでいつも利用させていただくようになったのがアナトール通りにある「PROGETTO NAPOLETANO」さんです。可愛いお店で可愛いユニフォームを纏った厳ついお兄さんたちがナポリのピザ釜を囲んでテキパキとお仕事されている様子が通り側からいつも見えています。きっと私たちがアジア人では一番最初にこのお店を発見し一番のヘビーユーザーだと思います。ここでは、いつも「パパルマ・ディ・パパ」。新鮮なモッツァレラチーズをのせて焼いたピザに仕上げでパルマの生ハムを贅沢にのせパルミジャーノレッジャーノを削り落としてロケットなどの野菜を贅沢にトッピングしてくださいます。ピザ生地は端までもっちりしていて冷めても硬くならず美味しくいただけます。他のピザにも興味ありますが、ついつい毎回同じになってしまいます。今回も美味しくいただきました。ご馳走様でした!


2022年5月18日水曜日

リールの美味しいコロッケとフライドポテト

前回のこのブログで書かせていただきましたリールのフリットリー(フライドポテト屋さん)「MEUNIER」と同じ場所です。お店に入ってすぐのカウンター内の目の前のフライヤーでイケメン?のお兄さんが揚げてくれる熱々ポテトがいただけます。お昼休みに立ち寄り、ポテトの中(特大、大、中、小があります)とクロケット(小さなコロッケといった感じ) 3つを購入し、お仕事場でいただきました。リール駅前店はリール・フランドル駅正面玄関を出て斜め左向いにあります。クロケットは3つで7ユーロと少々お高めですが、ポテトは一人では食べきれない多さの中サイズが3.9ユーロということで、さすがポテト大国フランスです。食べている途中で気が付いて写真を撮りましたので、ポテトが少なく見えますが、随分食べ進んだあとの写真です。ご馳走様でした!


2022年5月14日土曜日

北仏リールの名物はベルギーっぽいのです

2か月ぶりのリールからです。この地方の名物のひとつにフリット(フライドポテト)がありますが、これはベルギーやオランダを含むフランドルの地域に共通した名物と言えそうです。リール・フランドル駅前のフリット専門店の前は避けることが出来ないお仕事場への通り道になっていますが、今日は時間の関係で残念ながらメニューをチェックするだけです。このお店のフリットはボリュームがあり、日本のハンバーガー屋さんの標準的な量のフライドポテトは売っていません。地元のビールと一緒に十分にランチや夕食にもなる量が気軽に購入できます。とにかくフランスのジャガイモは美味しいのです。このお店「MEUNIER」ではオランダでも名物のコロッケがセットに出来るようです。次回はテイクアウトで購入してみようと思います。。。


2022年5月10日火曜日

パリ、初夏の陽気の北駅です

お天気予報によるとパリの最高気温は27度とか。フランスは全国的に5月としては随分気温が高くなり、各地で水不足も深刻になるつつあるとのことです。 写真は北駅周辺の青い空。飛行機も見えます。ここからRERでシャルルドゴール空港まで行けば日本行きの飛行機に乗ることが出来ます。そういう意味では、ここはパリで一番日本に近い場所なのかもしれませんね。。。


2022年5月4日水曜日

パリ、バスチーユの駅です

2022年も早くも5月になり、とても良い季節ですので歩いて行ってもよいのですが、やや疲れが溜まっておりまして、今回は地下鉄8号線でバスチーユからフィーユ・デュ・カルベールに参ります。 最近、数年前は問屋街だったのが、すっかりおしゃれなお店が立ち並ぶ通りにかわったフィーユ・デュ・カルベール通り。美味しいクレープ屋さんや定食屋さんも人気です。私たちのパリの支局長さんもこの通りに面した建物に拠点を構えています。。。


2022年4月27日水曜日

パリ12区、モーニングです

 パリ12区、LEDRU ROLLIN通りのカフェ「POPULAIRE」では、夕方のアペリティフタイムに大きなガラス窓越しに多くの人で賑わう様子をいつも目にします。朝は結構な穴場ではないかということで、お仕事の打ち合わせ前のモーニングをここでいただくことにいたしました。9ユーロでこんな感じのモーニングでした。クロワッサンの手前に見えるのは半分に切ったバケットにバターを塗ったシンプルなタルティーヌです。あらためて日本の喫茶店で提供されるモーニングメニューのコストパフォーマンの良さとお店の努力は本当にすごいと思う今日この頃ですが、パリのカフェの空いた店内でいただくモーニングも贅沢ですね。。。


2022年4月20日水曜日

美味しいクスクスの夕食です

夕食は鶏とメルゲのクスクス、生ハムと生野菜添えです。なかなか贅沢な夕食に見えますが、実は、スーパーのカルフールで購入したレンジで3分のお気軽クスクスに、生ハムとサラダを添えただけの5分で完成の簡単夕食でした。結構気に入っておりまして、このクスクス、実は過去にもこのブログに登場し、今後もたまに登場するはずです。鶏肉が柔らかく煮込まれていていい感じです。ご馳走様でした。。。


2022年4月16日土曜日

パリ、すっかり春の陽気

一時の寒さを忘れるくらい、パリも春の陽気を感じる日々となりました。お仕事の関係で、このところパリのリヨン駅界隈が行動範囲となっています。駅前カフェでの事務仕事を兼ねた朝食が常となっています。このパリ・リヨン駅から行くことが出来る南フランス各地(モンペリエ、ニーム、ニース、マルセイユ、エクスアンプロヴァンス、アヴィニョン、、、、)の風景が懐かしい今日この頃です。。。


2022年4月12日火曜日

パリ、リヨン駅近くでカフェグルマン

パリ、リヨン駅やバスチーユにも近いカフェの「QUAI33」で大切な打ち合わせです。陽気な店員さんがカフェグルマン(2022年4月現在9ユーロ)のカフェをショコラに変えていただくお願いをきいてくださり、ショコラグルマンです。対応は店員さんや日によって異なる可能性が大ですが、そういった臨機応変な感じが日本とはまた違った面白いところです。お昼は20度前後と、少し前までとはがらりと変わって急に初夏の陽気ですね。。。


2022年4月8日金曜日

寒い4月のパリで熱々ラクレット

4月に入って何故かとても寒いパリ。真冬の寒さが続いています。こんな時は熱々のラクレット。日本のお鍋のように皆で鉄板を囲んで楽しくいただくと、より美味しくなる気がいたします。ご馳走様でした。心から感謝!


2022年4月6日水曜日

パリ到着前の機内食

3年ほど前からだと思いますが、日本とフランス間のエールフランスの機内食の内、朝食用メニューが写真のような感じになっています。可愛いいミニ紙サックに暖かい一品(サンドウィッチやキッシュなど)とヨーグルトとフルーツにドリンクといった感じのシンプルメニューですがそれで十分です。この2022年の3月(先月)、日本に帰国したスタッフがフランスにやってきた際のパリ到着前の機内食の写真です。窓からの風景はシャルルドゴール空港近辺です。今の空路は従来のロシア北部上空を横断するルートから中国ルートに変更されています。。。


2022年4月2日土曜日

リールで美味しくお気軽お寿司ランチ

2022年も4月になりました。リールを一旦離れる前に、Molinel通りにある気軽に入れるお寿司屋さん「Akira」でお腹を満たします。13.9ユーロのお昼のMenuからサーモンランチをいただきました。ボリューム控えめで丁度いい感じです。フランスでの外食でサーモンは本当に間違いなしですね!ごちそうさまでした!


2022年3月31日木曜日

リール市庁舎、世界遺産の風景

美しいリール市庁舎の前を通りすぎると、ウクライナの国旗が掲げられていました。そして駅前の広場には桜の花が終盤を迎えていました。こういった美しい風景が楽しめる日が早くウクライナに戻ってほしいものです。リールでのお仕事もようやく一段落しましたので、また次回からはパリの風景をお届けしたいと思いますが、またすぐに別件でこの地に戻ってまいりますので、ここの風景を再びお届けできそうです。。。 


2022年3月23日水曜日

リールのピンクなドーナツ屋さん

リールでの残務もまもなく終了ということで急ぎ足で街中を歩いていると、いつも目に飛び込んで来るピンク色のドーナツ屋さん。気になりつつも結局一度も入れませんでした。また次の機会に…。ところで、先日日本に戻ったスタッフさんは、リールのパスツール研究所のラボでの陰性証明書と3回のワクチン接種、そして日本の空港での抗原検査陰性で、無事隔離なしで日本入国ができました。その一方で本日のフランス国内の一日当たりの新型コロナウィルス感染者数は久々に15万人を超えています。コロナも含め、まだまだ世界情勢の不安定さが心配な毎日ですが元気を出して今日を乗り切りましょう。。。

2022年3月19日土曜日

リールのパスツール研究所のお隣さん

ウクライナの国旗が掲げられたリール市庁舎の近くに、ワクチンの予防接種を発展させた先駆者として知られるフランスのパスツール(1822-1895)が拠点とした場所のひとつ、パスツール研究所があります。パスツールを始めとする偉大な研究家たちの気配が感じられる場所です。今も新型コロナのPCR検査がその一室で行われています。週末に限ってはそこに繋がるお隣(向かって左側)の煉瓦作りの歴史を感じさせる建物で検査が行われていて、同僚はここで日本帰国前のPCR検査を受けました。結果は陰性とのことで安心いたしました。ところで、そのお隣の建物の外観が改装されそうな看板を発見。ガラス張りの今どきの建物に変身でしょうか。何でもガラス張りの建物になって行くのは少々寂しい気がいたします。。。


2022年3月15日火曜日

リールの楽しそうな遊園地

リールの西側郊外に位置するお客様とのRDVの場所へと向かう途中、城塞や動物園付近を通過しました。その際に小さな遊園地の敷地内を通過。入場無料で遊べ、有料の遊具は15ユーロで一日乗り放題だそうです。子供さんも笑顔が印象的でしたが、意外と大人の皆さんも本気で楽しんでいました。ちなみにすぐ近くの動物園は大人5ユーロだったと思います。今回は仕事の為、涙をのんで横を通り過ぎるのみですが、またいつの日か、お休みをとってやって来たいと思います。。。


2022年3月13日日曜日

リールのミッテラン広場でお願い

リールの近代的なリール・ユーロップ駅の前に広がるミッテラン広場を通過する際には、元フランス大統領のミッテランさんの像の前を通ります。その膝だけ皆に触れられて色が違っているのですが、膝を撫でてお願いをすると親しい人の膝が良くなるとかなんとか。。。小さなお子さんがお父さんにお願いしてミッテランさんの像の台座にのせてもらって一生懸命に膝に触れようとしていました。お母さんかお祖母さんか、どなたかの膝がよくなることをお願いするのかな。。。 フランスでは明日の月曜日(2022年3月14日)からワクチンパスのシステム停止です。自由にどこにでも出入り出来る日が戻りますが、だからこそ、より慎重な行動が必要です。


2022年3月10日木曜日

リール、美しいレンガ色の旧市街

お仕事の関係で今日もリールからお届けしています。フランス北部の都市リールには様々な景色があります。現代的な今どきの街並み、ベルギーのような佇まいの広場の風景、そして、もうひとつは、パリとも南仏とも全く雰囲気が異なる煉瓦によって形成された街並みでしょう。世界遺産に登録されているリール市庁舎の塔がある界隈の南側や東側にはそういった風景が今も残ります。お仕事先への道中の何気ない風景です。。。


2022年3月6日日曜日

リールに咲く春の花

フランスでは一週間後の週明けの3月14日からいよいよワクチンパスポートの制度が終わり、コロナ前のように自由にワクチンパスポートもマスクもなし(マスクについては公共交通機関内と医療機関内を除く)で行動できるようになります。と、いうことで、体調を崩すことなく責任を持って常に業務を遂行する必要(表現がかたいですが、、、)がある私たちにとっては、これまで以上にマスクで完全防御して慎重に行動する必要が出て来そうです。すでにマスク姿の人が随分と貴重になったリールの街を仕事関係者のもとへと急いでいると春の花が心を癒してくれました。アーモンドの花?桜の花?。。。情けないことに区別がつかないのですが、私たちの心に2022年の春を与えてくれる美しい花だということには間違いありません。。。


2022年3月4日金曜日

リール・フランドル駅のパン屋さん

ここは北フランスのノール県主要都市リールです。お仕事の準備のため、やって来ました。ベルギーやオランダ、イギリス間の国際列車が行き交うリール・ヨーロッパ駅と、フランス国内の路線を中心に発着する古くからあるリール・フランドル駅の2つの駅が 、リールの鉄道の玄関口になっています。リール・フランドル駅の待合フロアはこの地域らしい煉瓦作りの内装です。パン屋さんのいい匂いがすると思って振り返ると、そこには今ではパリでも大人気のパン屋さん「Aux Merveilleux」がありました。ふわっとした日本のパンやブリオッシュにも似たリール名物の素朴で柔らかくて大きなパンが次々と焼きあがっていました。。。


人気の投稿