2021年7月31日土曜日

パリのカナル、夏の風物詩

パリ19区の東の端、ラ・ヴィレット地区を貫くカナル運河でよく見られる夏の風物詩です。レンタルボートを借りて、家族連れや気のあう仲間でカナル上のピクニックです。今日のボートのうえにいるのはマリオブラザーズの面々でしょうか。。。7月も31日となり、2021年は早くも8月に突入です。フランスも日本も新型コロナ感染者数がいまだに増えていますので、引き続きテレワーク中心で過ごしてまいります。。。


2021年7月25日日曜日

パリ14区、教会のある風景

パリ14区、前回ご紹介させていただいたGénéral Leclerc通りの82番地にありますSt.Pierre de montrouge の教会はこんな姿です。お仕事が多い地域ですのでよく前を通ります。しかしながら中に入ったことはありません。1863年に建てられた教会はパリの街並みに溶け込んでいます。。。


2021年7月24日土曜日

パリ、以前はオルレアン通りでした

日本では猛暑の中、東京オリンピックが開幕しましたね。写真はパリ14区、お仕事先への通り道の風景です。モンパルナス駅から南東方面にまっすぐ延びるメーヌ通りを行くと地下鉄アレジア駅のあるロータリーにたどり着きます。そこから分かれる道に静かな佇まいのSt.Pierre de montrouge教会に沿ってGénéral Leclerc通りがあります。ですが、よく見るとOrleans(オルレアン)通りの古いプレートがそのまま残っています。以前は、オルレアン通りだったのですね。すぐ近くがポルト・ド・オルレアンですので、そちらのほうがわかりやすかったようにも思います。。。


2021年7月23日金曜日

パリのコンビニです

"8 a HUIT"は、パリのコンビニチェーンとしてはベテランさんです。コンビニといっても果物や野菜が店頭にならびミニスーパーといった感じですし、基本は朝8時から夜8時までというコンセプトですので、この夏場は暗くなるころにはとっくに閉まっています。今は大手スーパーのカルフールが運営されているとか。ちょっとお水が欲しいが近くに適当なお店がないという時によく利用させていただいています。なんだかんだいろいろあるなかで開幕の東京オリンピックですが、選ばれた選手の皆様には心からのエールをお送りします。。。


2021年7月22日木曜日

パリ、デカルト通りの元住人たち

パリ5区のデカルト通りのとあるアパルトマンの外壁に取り付けられたプレート。ヴェルレーヌにヘミングウェイ、そして日本の辻邦生。彼らが今の時代を生きていたなら、いったいこの状況をどのように表現していたことでしょう。。。


2021年7月15日木曜日

パンタン、昔の家具工場

パリのお隣り、パンタン市の関係施設です。昔は家具を作る工場だった建物を再利用されているとのこと。雰囲気のある建物で、日中は小さな中庭の日陰のベンチでちょっと休憩させていただくこともございます。以前はパリで使われた多くの家具もここで作られていたのでしょう。。。 


2021年7月14日水曜日

フランスではワクチン接種者数の増加加速。。。

今日はフランス革命記念日。テレビでは12日のマクロン大統領の発表をきっかけにフランス国内の新型コロナ予防ワクチンの接種予約が沢山入っているとのニュースが流れています。フランスでは、ワクチン接種済みの国民やPCR検査陰性の人は様々な自由が得られ、飲食店もバーも気軽に利用することが出来るようになります。ただし、PCR検査はまめに受けないと陰性証明には期限があるので注意が必要です。発表された政策だと、お店を閉めなくてもよく、尚且つワクチン接種希望者やPCR検査希望者が増えるということですので、皆にとって良いことが多く、その他の弱い立場の人々が少数になればなるほど、その方々へのフォローも容易になるということかと思います。飲食店への規制を最優先とする日本の政府の考え方とは違うようです。フランスに於ける新型コロナの感染者数は再増加傾向にありますが、今回の対策発表により、パリ郊外のダンスアカデミー前のウルク・カナルでくつろぐ人たちの姿からは安堵の様子がうかがえます。。。


2021年7月7日水曜日

パリ郊外のクラマーの森で。

パリの南側にあるクラマーの町。一戸建てや公園が多い郊外の町です。地元の美術協会の皆さんによる野外での展示会が行われました。背景の木々や青空が額の代わりとなって自由で楽しい展示が溢れます。様々な形式の自由で日常に溶け込んだ展覧会が実に多いフランスです。。。


2021年7月2日金曜日

パリ郊外、7月の黒猫

2021年も7月。フランスはヴァカンスシーズンに入ろうとしていますが、ストライキも盛んなようです。また、近しい方が働いていらっしゃる大きな工場が閉鎖するかもしれないとか、各地でコロナの影響はまだまだ続きそうです。今日は、私たちが普段からお仕事や打ち合わせなどで頻繁にウロウロいたしておりますパリ北東方面の郊外に位置するパンタンです。国立のパリ・ダンスセンターがあるカナル沿いのクリニックのウィンドウからいつも通りの人々を眺めている黒猫のタンゴくん(こちらで勝手に命名)に今日も睨まれました。彼に睨まれたのですから、きっと踊るように良いことがある日になるに違いありません。。。


人気の投稿