2020年5月27日水曜日

コアラーズ、ある日のフランスの風景36

フランスでは外出規制が解除され、日本も全国で緊急事態宣言が解除されましたが、今のところは出来る限り外出を控え、世界各国の新型コロナウィルスによる状況が少しでも良くなることを願いつつ、しばらくの間は、私たちが目にした過去の「ある日のフランスの風景」を、以前開設させていただいていた他ブログの記事も取り入れながら載せて行きたいと思います。
写真は6年前、2014年のコアラーズ(COARAZE)の風景です。南仏コートダジュールの主要都市ニース(NICE)からバスで行く事ができる山側の小さな街で、いかにも南仏の山上の街らしい風景に心癒されます。ここは街のあちらこちらに見られる日時計を探しながら散策するのが楽しい場所です。多才な芸術家であったジャンコクトー氏から現代のアーティストのベン(BEN)氏(※写真の手前側に写っている日時計)まで、南フランスに所縁のある幅広いアーティスト達によって手掛けられた数々の日時計はこの小さく可愛らしい街の風景のなかに自然に溶け込んでいます。やや坂道が多いので、歩きやすい靴にお弁当持参で天気の良い日に訪ねるのがおすすめです。
※撮影時の画素数の関係で画像が粗くなっておりますことご容赦くださいませ。


人気の投稿