2020年6月5日金曜日

ラ・チュルビー、ある日のフランスの風景45

フランスでは外出規制が解除され、日本も全国で緊急事態宣言が解除されましたが、今のところは出来る限り外での業務を控えたリモートワークを心掛け、世界各国の新型コロナウィルスによる状況が少しでも良くなることを願いつつ、私たちが目にした過去の「ある日のフランスの風景」を、以前開設させていただいていた他ブログの記事を取り入れて、しばらくは載せて行きたいと思います。
ニースやモナコからバスでアクセス可能な南仏コートダジュールの山の上の町、ラ・チュルビー(La Turbie)。青い空と地中海、フランスのボーソレイユやロックブリュンヌ、そしてモナコ公国からイタリアまでが一望の絶景が広がります。もっとも景色の良いスポットはトロフィー(ローマ帝国の塔)のある緑地公園(有料)に入る入口及びその駐車場付近にある無料の展望テラス(ここまでは無料でした)からの風景です。また、緑地公園に入場し、遊歩道に入ると更に驚きの絶景が楽しめます。トロフィーや教会など見どころがコンパクトにまとまっていますが、まずは理屈抜きでその絶景を楽しみたい場所です。この写真は現地のお仕事関係の方が私たちのお仕事の合間に自動車で連れて行ってくださった2013年に撮影したものです。また再訪したい場所です。。。
※新型コロナ対策の関係で各施設の営業形態が変わっている可能性があります。
※撮影時の画素数の関係で画像が粗くなっておりますことご容赦くださいませ。


人気の投稿