2020年1月8日水曜日

パリ、アンドレ・デル・サルト通りを歩く

久々に外の風景です。パリ18区、モンマルトルの麓にある路地 アンドレ・デル・サルト通り付近を歩きます。この辺りはユトリロらの絵のモチーフにもなりましたが、今はM.CHAT氏ら現代アーティストによる路上アートが所々に見られ、なんとなくユトリロの絵の風景とは違った雰囲気ではありますが、多くの建物はほぼそのままの姿で見られます。路上アートといえば、13区のほうでは区をあげて様々な取り組みが見られますので、またの機会にこのブログでも紹介させていただこうと思います。パリの交通ストライキはしばらく続きそうです。。。
 

人気の投稿