2019年10月31日木曜日

パリ、モンマルトルの秋の空

パリ、モンマルトルです。朝夕は随分寒くなりましたが、日中は秋本番といった感じです。秋晴れの空の下、ロートレックやドガらが愛したムーランルージュの風車の影が、パリの路地裏の名もない壁を彩っていました。

2019年10月30日水曜日

パリ、秋晴れのモーベール広場

パリ5区、サンジャルマン大通りに隣接したモーベール広場の風景です。地下鉄から出て来た観光客らしき人たちは半袖姿ですが、さすがに少々冷えるのではと心配してしまいます。左側に見えるカフェのショコラ(ホットココア)が濃厚で美味しいのですが、今日はお仕事のため、先を急ぎます。またの機会に、このブログでも紹介できればと思います。秋晴れのパリでした。

2019年10月29日火曜日

パリ、ショーメ本店はヴァンドーム

パリ、ヴァンドーム広場です。昨日あたりから急に冬の気配がしてまいりました。宝飾品で有名なショーメ本店は随分長い期間改装工事中のように思いますが、美しい外観を目にする日はいつなのでしょう。そういえば、ダビッドが描いた「ナポレオンの戴冠式」でお馴染みの王冠はこのショーメが手掛けたという記憶があります。何気なく通り過ぎる風景の中の所々に今に繋がる歴史があると実感し、この広場を通る時だけはいつもの猫背がピンと伸びる気がいたします。

2019年10月28日月曜日

パリ郊外、運河沿いの小さな劇場

パリ郊外、パンタンのカナル沿いも秋色に染まっています。このカナル沿いに趣のある小さな劇場「テアトル・デュ・フィユ・ドゥ・ロー」があります。一見すると廃墟にも見える外観ですが、きちんと定期的に舞台やイベントが行われ、劇場に隣接した野外のバーは地元の若者たちで週末ごとに賑わい、とても良い雰囲気です。頻繁に通る場所で、とても好きな界隈ですが、この辺りに詳しくない人は特に夜間の一人歩きには要注意です。

2019年10月27日日曜日

パリ、モンマルトルも秋の色

パリ、モンマルトルの丘にあるブドウ畑。すぐ前には有名なシャンソニエ、ラパンアジルがあります。つい最近、収穫祭も行われ、ブドウの木の葉も赤みを帯びてきました。ここの畑で収穫されたブドウがワインになるのは一年後になるようです。希少なことが理由で随分高価ですので、口にすることは無いと思いますが、パリ産の名物のひとつと言えそうです。週明けからは、パリに初冬の寒さが到来するようです。

2019年10月26日土曜日

パリ、秋のチュイルリー公園

パリ、チュイルリー公園です。この季節、日々、葉の色が変わり、季節の移り変わりを感じさせてくれます。日本では各地で自然災害が相次いでいますが、少しでも早く、このチュイルリー公園の風景のように平穏な日常に戻りますことを願っています。
 

2019年10月25日金曜日

パリ、ムートンドゥベルネへ繰り出す

パリ4区、地下鉄ムートンドゥベェルネ駅の地上に上がるエスカレーターからの風景です。パリも秋本番。緑、黄緑、黄、茶、赤と、様々な木の葉の芸術的なコントラストが、美しいパリの街並みを更に美しく彩ってくれています。このエスカレーターの先に、そういった光景が現れると思うと、ダメだと知りつつも思わずエスカレーターを駆け上りたくなってしまう今日この頃です。

2019年10月24日木曜日

パリ、ハロウィンのディスプレイ

パリ9区界隈を歩いていると、パリ市内に数件ある老舗のチョコレート屋さん「A La Mère De Famille」のショーウィンドウが目に入りました。1761年創業とはすごいですね。。。ハロウィンがもうすぐだと感じさせる楽しいディスプレイです。そういえば、この前の日曜日に仮装してバスで移動する子供達を見かけました。大人たちが一生懸命に準備を重ね、子供達が楽しむハロウィンが今の主流のようですね。

2019年10月20日日曜日

パリでピクニック

ここもパリ、、、。そんな風景ですが、実はパリにはこういったスポットが実に多くあります。ちなみに、ここはパリ19区のラヴィレット公園内の芝生広場です。お仕事場へ向かう道中、常日頃から地元の人たちが手作りサンドイッチなどを持ち寄ってのピクニック姿をよく目にします。よりパリの中心に近いところでもこういった風景は結構見られ、羨ましい限りです。フランスパンとハムとチーズ、それにワインがあれば、それが立派なお弁当です。

2019年10月19日土曜日

パリ、FIACの草間さん野外展示

只今、パリの「FIAC2019」を主としたパリ現代アート週間です。会場のグランパレの前は屋台村のようでサンドイッチなどが販売され、何だか大衆的な雰囲気です。業界向けの美術見本市といった雰囲気だった昔と比べると、今はなんだかお祭りのようで賑やかです。ところで、野外展示の一環として期待されていたヴァンドーム広場の草間彌生さんの巨大なパンプキン作品は強風など天候不順を理由に肝心の週末を待たずに撤去されることに。。。フランスらしい告知なき撤去に、展示作品の無い広場に立ち呆然とするアートファンの姿も見られました。フランスではごく普通の出来事ですので、皆さんの反応も呆れるしかないといった感じでした。パリは芸術の秋本番です。

 

2019年10月18日金曜日

パリ5区、カフェからのパリの街並み

パリ5区。カフェから見たパリの街並みです。修復に向けていろいろありながらも頑張っている姿に勇気付けられるノートルダム寺院やフランスの頭脳を支えてきた偉大な努力家たちが眠るパンテオン寺院、パリ市民の憩いの場であるリュクサンブール、将来を夢見る若き学生たちで賑わうパリ大学など、生粋のパリ市民が愛する場所が集結するこの界隈で飲む一杯のコーヒーは格別です。

2019年10月17日木曜日

パリ北駅、様々な人たちが行き交う駅

パリ北駅。ややピンボケの写真となってしまいました。一昔前と比べると随分きれいになってような気がいたしますが、パリ市内及び郊外間のみならず、国内外の実に多くの様々な人々が行き交う独特の雰囲気は健在です。AU REVOIR - GARE DU NORDの文字通り、必ずまたこの場所に戻ってくることでしょう。

2019年10月16日水曜日

パリ、モンマルトルの地層

観光名所のパリ・モンマルトルでも日本からのツアーではほどんと立ち寄ることのないサクレクール寺院東側の麓の道をお仕事先へと急いでいると、何やら団体さんが興味深く丘の斜面を覗き込んでいます。同じように覗き込むと何層にもなった地層の断面を見ることが出来ます。意外と起伏に富んだパリ市内ですが、こういった見学ツアーも地元にはあるのだと感心いたしました。

2019年10月15日火曜日

パリの秋空

パリ14区、ジャックドゥミ広場からみた今日の秋の空です。フランス映画界の巨匠の名から広場の名が付けられたそうです。生粋のパリジャン、パリジェンヌと、他国から移り住んでこられた様々な文化圏の人々が共存する活気ある界隈です。

2019年10月14日月曜日

パリ、モンマルトルの風景

パリ、モンマルトルの午後です。日本で行われているラグビーワールドカップの日本代表チームの快挙はフランスでも話題になっていますが、同時に台風の被害も大きく報じられています。パリの青空を見ていると日本の度重なる台風被害により心が痛みます。皆様の平穏な日常が少しでも早く戻ってきますように!

2019年10月13日日曜日

パリでツィターの音色響く

パリで開催された展覧会のソワレにお邪魔しました。その際に、パリでは希少なツィター(チター)のプロ奏者で、地元ではツィターのプリンセスと呼ばれるZouariさんの美しい音色の演奏を、一番近くの席で聴かせていただく機会を得ました。このような場に導いてくださった展覧会の主役である画家さんに心から感謝です。



2019年10月12日土曜日

パリ生まれの希少ビール

パリ、18区。モンマルトルの麓、実に様々な文化圏から移り住んだ皆さんの生活が垣間見えるグットドールで、とある会合に招かれ、そこで珍しいものを口にしました。グットドールで作られたパリ生まれのビールです!普段はビールをほとんど飲みませんが、喉ごしも良くとても飲みやすく、おそらく日本人の味覚にもあうビールだと思いました。ごちそうさまでした!

2019年10月11日金曜日

パリ、シャンゼリゼでランチ

パリ、シャンゼリゼの地下鉄フランクリンルーズベルト駅のすぐ近くにあるイタリアンレストラン、ピザピノ(PIZZA PINO)でランチです。アーティーチョークやパルマハムなど美味しいイタリア食材がトッピングされたピザ「Quatre Saisons」と写真のサラダをいただきました。サラダは「Salade Chevre Chaud」をチョイス。暖かいヤギのミルクのチーズがアクセントになった人気サラダです。いつもお世話になっている方にご招待いただき、シャンゼリゼ通りを眺めながら、楽しく美味しくいただくことが出来ました。本当にご馳走様でした!

2019年10月10日木曜日

パリの秋桜

パリ、ノートルダム寺院から川を渡った南側にあるルネヴィヴィアニ広場(Square Rene Viviani)。仕事の合間にベンチでテイクアウトランチです。ふと見ると季節を感じさせるコスモスが咲いていました。。。パリで見る秋桜も風情がありますね。

2019年10月9日水曜日

パリ、雨のシャンゼリゼ

お仕事先への移動で雨のシャンゼリゼを通過しました。十数年前とは異なり、すっかりきれいになったシャンゼリゼの今の遊歩道はツルツルピカピカのタイル調石畳の歩道ですので、雨の日は滑って困ります。写真の先に凱旋門があるはずなのですが、雨と霧でほとんど見えません。天気が回復しますように。。。

2019年10月8日火曜日

パリでキリン一番搾り

パリの地下鉄で最近よく見かける広告で、今日も通りすがりに目に入りました。キリンのビールはパリ市内のスーパーマーケットなどでも普通に見かけるようになり、フランスにお住まいであったりフランスを旅する日本人のビール好きの皆様には嬉しいことだと思います。

2019年10月7日月曜日

パリ、野外でディスコの一夜

この前の土曜の夜、パリ、ラヴィレットのある地下鉄ポルトドパンタン駅前には、一夜限りの巨大なミラーボールが出現していました。ディスコに出入り出来ない小さな子供達もこの夜限りで大はしゃぎです。すっかり恒例になった、年に一度のNUIT BLANCHEの様子でした!パリの中心部よりもこのあたりの方が安心してこのイベントを楽しめそうです。

2019年10月6日日曜日

フランスでTV生中継、ラグビー日本戦

ついついお仕事の手も止まり、フランス時間では5日(土)のお昼過ぎに開始されたラグビーワールドカップの日本vsサモアの試合にテレビ中継に見入ってしまいました。日本が決勝ラウンドに近づく4トライ目をあげて試合終了。テレビでは多くのスポーツが幅広く取り扱われているフランスですが、ラグビーも、もともとフランスでは人気スポーツのひとつですので、ワールドカップのみならず、通常のヨーロッパのリーグ戦も頻繁に中継放送があります。日本のラグビーファンには羨ましい国ですね。

2019年10月5日土曜日

パリで日本のラグビーワールドカップ

パリの地下鉄サンラザール駅構内です。只今日本で開催中のラグビーワールドカップにちなんで今日まで、このようなラグビーコーナーが設置されていました。じっくり拝見させていただきたかったのですが、お仕事先への移動中でしたので、足早に通り過ぎることに。。。残念です。日本とサモアの試合はフランスのテレビでも生放送されますので、応援したいと思います。

2019年10月4日金曜日

パリ、今日のノートルダム寺院

パリ、今日のノートルダム寺院の様子です。修復以前の補強工事等の関係で、周囲はバリケードによって立ち入りが出来ませんが、その外側からノートルダムの今の姿を一目見ようと、火災前と変わらず観光客の皆さんの姿があります。このすぐ傍にあるパリ警察内では4名の被害者が出る事件が数時間前に発生し、周囲は警察によって道路が閉鎖されるなど一時的に混乱が見られましたが、すぐに平穏を取り戻した感じです。いつの時も、パリの人々はたくましいと感じます。パリはすっかり肌寒くなり、早くも冬が近づいていると感じます。

2019年10月3日木曜日

パリの宿舎でフォアグラ丼

久しぶりに自炊写真シリーズです。今日は贅沢にフォアグラ丼。やっぱり、白いご飯がいちばんのご馳走です。半熟のゆで卵とゆでアルティショ(アーティチョーク)、ピクルスに野菜を添えました。フォアグラは宿舎のキッチン設備の関係で、すでに薄切りになっている冷凍ものですので、フライパンでさっと焼くだけです。この丼ぶり一人前で原価は七百円ほどで、とても美味しくいただきました。自炊の一人前としては贅沢な一品ですが、外食のことを考えると非常に経済的です。フランスの食材に感謝。ご馳走様でした!

人気の投稿