2019年9月30日月曜日

パリの空港にて

パリ、シャルルドゴール空港ですの風景です。これからの季節、パリは様々な芸術イベントで盛りだくさんです。ちなみに、芸術イベント以外の大きな事と言えば、世界的に有名な競馬の凱旋門賞もあります。一週間後の日曜日、日本からの3頭が参戦するそうです。馬たちもこの空港に降り立ったのでしょうか。。。レースでの奮闘も気になりますが、ケガだけは無く、無事に日本に戻ることを祈ります。

2019年9月29日日曜日

南仏からパリへ

ヴィルヌーブレザビニョンも最終日です。歴史を感じさせるこんな路地裏の風景があたりまえに目の前に現れるこの街並みともしばらくお別れです。川を挟んですぐの賑やかなアヴィニョンとは異なりとても静かな坂の町でした。芸術シーズンで賑わいをみせるパリでのお仕事が沢山待っていますので、パリへと向かいます。しばらくの間は、お仕事の合間に目に入るパリの何気ない2019年秋の今の風景を撮って載せてみたいと思います。

2019年9月28日土曜日

ヴィルヌーブレザビニョンの塔、今日も聳えています。

あと数日で南仏を後にし、パリ及びその周辺からの風景をお届けすることになりそうです。今日もヴィルヌーブレザビニョンの塔は高台から町を見おろしています。。。自然と目に飛び込んでくる14世紀の建造物を目の当たりにすると、時代を超越したような錯覚に陥る瞬間があります。

2019年9月26日木曜日

美男王の塔は南仏の町のシンボル

ヴィルヌーブレザビニョンからです。奥に見えるのは、TOUR PHILIPPE LE BEL(美男王の塔)です。14世紀に建てられた石造りの立派な塔です。当時の国王にちなんだ名前がついていますが、LE BELとはいったいどれほどの美しさであったのかと興味を掻き立てられます。700年もの間、ヴィルヌーブレザビニョンやアヴィニョンの町を今と同じように見守ってきた塔なのですね。。。

2019年9月24日火曜日

対岸から見たアヴィニョン

ヴィルヌーブレザビニョンからです。この町から川の対岸にあるアヴィニョンを見るとこんな感じです。遠くから見てもアヴィニョン法王庁は迫力があります。有名なアヴィニョンの橋はこの角度では見えませんでした。。。

2019年9月22日日曜日

ヴィルヌーブレザビニョンの丘

今日も南仏の主要都市アヴィニョンの対岸にあるヴィルヌーブレザビニョンからです。アヴィニョンから川を渡った位置から見上げた丘の風景です。その風景は長い歴史を感じさせます。短い間ですが、しばらくは、この地からの風景をお届けすることになると思いますので、また追ってこの町のことを書かせていただこうと思います。古い町並みが今も美しく輝いています。


2019年9月21日土曜日

南仏の町のシンボルはトカゲ

今日もヴィルヌーブレザビニョンです。小さな町の中心にある数件のレストランがある広場で突然大きなトカゲに睨まれました。。。実はリアルに作られたブロンズ像です。トカゲはこの町のシンボルで、幸せや和みを意味するとのことです。トカゲはフランス語でLEZARD。これを動詞形のLEZARDERにすると「日向ぼっこをする」という意味もある単語になります。この町で日向ぼっこをするようにのんびりと平和に過ごそうという気持ちが込められたシンボルなのかもしれません。

2019年9月20日金曜日

ヴィルヌーヴレザビニョンの風景

ヴィルヌーヴレザビニョンを左側に望む橋の上です。ヴィルヌーヴレザビニョンはアヴィニョンとローヌ川を挟んだ対岸にある町なのです。。。

2019年9月19日木曜日

ボルドー、夜の街角

ボルドーの夜は所々で美しくライトアップされた建造物が見られます。建物が密集し煌びやか且つ近代的な大都会とはまた異なる落ち着いた雰囲気の夜の風景です。この美しいボルドーでのお仕事は何とか一段落し、次の場所へと移動です。

2019年9月18日水曜日

ボルドーのワイン博物館再訪

久々のボルドー、ワイン博物館です。ここの内装、外装ともに、なかなか興味深いものがあります。また、各地のワインがディスプレイされた売店コーナーもシックでいい感じです。今回はワインを口にすることなくここを後にしなければならないのが残念です。

2019年9月17日火曜日

ボルドーでMOFのクイニーアマン

ブルターニュの南端カンペール方面のお菓子屋さん「Maison Georges Larnicol」のボルドー店で名物のクイニーアマンを購入しました。香ばしくて美味しいクイニーアマン。パリのサンジェルマンデプレ通りにも立派な支店がありますが、今度は是非、本場ブルターニュでいただきたいなと思いました。ごちそうさまでした!

2019年9月13日金曜日

ボルドーの美しい定番夜景

ボルドーには様々な夜景スポットがありますが、この風景はボルドーを訪ねれば普段から目にすることが出来る一番身近な定番の夜景かもしれません。水鏡のあるブルス広場越しにトラムが停車する瞬間を撮影です。川を背にしてこのブルスの先を進んで行きますと、ボルドーの中心街となり沢山のショッピングスポットや美味しいお食事処が点在しています。とても歩きやすい都市です。

2019年9月12日木曜日

ボルドーはカヌレの香り

久しぶりのボルドーです。駅前には名物のお菓子、カヌレの屋台があり、駅ナカにも有名店がカヌレの常設店を出していました。ほんのり甘いカヌレの香り。それがボルドー駅に到着した時に感じたボルドーの空気でした。

2019年9月11日水曜日

パリのバスにて

パリ市内を走るバスの車内に切符についての説明書きがありました。駅の券売機など、車外で購入した切符の場合は最初の乗車から90分以内であれば乗り換えが出来ますが、バスの運転手さんから直接買った切符では乗り換え不可とのこと。普段、バスで切符を購入することは無いのですが、もしも車内で購入した場合には気を付けないといけませんね。


2019年9月10日火曜日

シャルルドゴール空港

飛行機で移動です。この2019年もこの9月以降、航空会社を含める各交通機関でのストライキが予定されているようですので、毎回の移動前には確認が必要です。フランスの日常でといえば、それまでですが、出来れば、異なる方法で様々なことが解決に向かえばと願います。

2019年9月8日日曜日

パリ、リヨン駅のバス停から

今日の撮影はバスからのこの写真のみ。パリのリヨン駅バス停です。パリ・リヨン駅は様々なバスの路線が行き交っていて、ここを拠点に様々な場所へと赴くことが出来ます。乗り込んだ63番のバスは橋を渡りセーヌの南岸をカルチェラタンへと進むコースです。途中見えるノートルダム寺院はまだまだ完全復旧は遠いように感じますが、近い将来、きっと以前と同じ姿を見せてくれるはずです。

2019年9月7日土曜日

来年の全仏へ、大坂選手にエール

テニス界では大坂なおみ選手の世界ランキングがいつも話題になっています。もう随分と以前のことにはなりますが、今年行われた全仏オープン前のパリ・ローランギャロスでの大坂選手の練習時の風景です。ラケットを握らずに大きなボールを使った練習を楽しそうにされていました。次回もこの全仏のコートでの全力プレーで、私たちに元気を与えて下さいませ。一同勝手に応援いたしております。

2019年9月6日金曜日

パリのサンマロでクレープ

昨日のクレープレストラン「サンマロ」に戻ってきました。デザートにバナナとヌッテラのクレープです。もう少しボリュームが欲しいところでしたが、これ以上太るのは避けたいものですから、これでよしといたしておきましょう。ガレットとデザートクレープにシードルを付けて16ユーロ程度でした。モンパルナス周辺のクレープリーが軒を連ねる界隈は雰囲気を味わうだけでも楽しいものです。

2019年9月5日木曜日

パリの中のサンマロ

パリ・モンパルナス界隈のクレープレストラン街にあるお店「サンマロ」前を通ったついでに、軽い夕食を兼ねた打合せのため、翌夜の予約を入れました。店内にはノルマンディーのサンマロの風景写真をたくさん見ることが出来、またテーブルもこんな感じで、パリの中のサンマロといった感じです。

2019年9月4日水曜日

パリ、車窓の風景

パリの市バス。ラッシュアワー以外で且つ時間に余裕があるときには地下鉄よりもバスがイイんです。パリ5区エコール通りを快走中です。工事中のノートルダム、そしてパンテオンやソルボンヌ大学はすぐ近く。この先はオデオン、そしてサンジェルマン大通りです。。。

2019年9月3日火曜日

パリの空

9月に入り過ごしやすい日々ですが、夜は随分と冷え込むようになって来ました。これから年内の4か月間は随分とパリを含めフランス各地でのお仕事が忙しくなりそうですが、何とかフランスの何気ない風景を引き続いてアップして行きたいと思います。

人気の投稿