2018年8月31日金曜日

ルールマラン、美しい村

ゴルドからルールマランへ移動してまいりました。お洒落な街並みを背にすると目の前にはルールマラン城がそびえています。そして、ロバたちが美味しそうに草を食べているのを見ているとお腹が空いてまいりました。

2018年8月30日木曜日

プロヴァンス地方、国道からの車窓

ゴルドを出発し、アルベールカミュゆかりの地であるルールマランへ移動です。写真は車からの景色です。このような風景が何度も現れます。山裾に見られるプロヴァンス地方の小さな村のひとつひとつの風景が実に魅力的です。

2018年8月29日水曜日

南仏ゴルドの路地裏

南仏ゴルドの何気ない路地裏風景です。もうすぐ、ここから出発です。青い空と街並みのコントラストが「美しい」の一言です。

2018年8月28日火曜日

ゴルド、プロヴァンス布のディスプレイ

 ゴルドの路地を歩いていると、鮮やかなブルーが印象的なプロヴァンス布のディスプレイが目に飛び込んできました。これも、フランス、プロヴァンス地方らしい風景のひとつですね。
 

2018年8月26日日曜日

セミ、南仏の象徴

ゴルドのお土産屋さんの外壁には焼物のセミが並んでいます。プロヴァンスからコートダジュールまで南仏ではよく見かける風景です。セミは南仏の人々の大切なお守りなんですね。

2018年8月25日土曜日

中世の城壁、南仏ゴルド

ヨーロッパでは中世の時代の建築物がいたるところで目に飛び込んできますが、ここフランスのゴルドは、今の時代にそれらが溶け込み、タイムスリップしたようです。写真の城壁下の石のテラスは今もイベントなどで利用されています。坂が多いのが大変ですが、最近弱り気味の足腰が鍛えられそうです。

2018年8月24日金曜日

南仏ゴルドのシャトー

ゴルドの象徴といえる11世紀からの歴史があるシャトーが目の前に現れるとゴルドの中心にいる証です。この街中の風景も素晴らしいのですが、高い位置にあるこの町からプロヴァンスの広大な風景を眺めるときは、より爽快です。

2018年8月23日木曜日

南仏ゴルドの景色

ゴルドの中心部から15分ほど歩いた道からの景色です。そうこうしているうちに、数組のツアーの皆様でビューポイントが埋め尽くされました。人気の観光地でもあります。

2018年8月21日火曜日

ゴルド、ランチタイム終了です

南仏ゴルド。お仕事関係の方と、またまた今日も同じレストランでランチをと立ち寄りましたが、残念ながらランチタイム終了です。すぐ近くのクレープリーで遅めのランチに変更です。

2018年8月20日月曜日

南仏ゴルドの町

昨日のレストランが右側の黒いテントです。ゴルドの中心地、シャトー広場です。ご存じの方は多いと思いますが、この町は南仏特有の特殊な地形上に作られています。そうとは思えない町中ののどかな風景です。

2018年8月19日日曜日

ゴルドの人気店でランチです

ゴルドのシャトー広場にある人気店L'Artegalでランチです。2品で24ユーロとプチ贅沢なランチですが地元の食材を多く用いた美味しく安心のお皿です。卓上におかれたカマルグの塩をあわせてもまたよい感じです。美味しい食事でエネルギーを蓄えましたので、坂の多いこの町でも平気です。ちなみに写真の豪華サラダは別注文の単品です。

2018年8月18日土曜日

日陰で休憩、ゴルドの3人姉妹

南フランス、プロヴァンス地方の街ゴルドです。この通りを通る度に日陰で寛ぐお洒落なマネキン3人姉妹に挨拶。すっかり友達になりました。夜は20度を下回り肌寒いのですが、昼は30度まで気温は上がり、まだまだ夏の日差しが眩しいゴルドです。

2018年8月17日金曜日

ゴルドのカップル

ゴルドの街にやって来ました。エクスアンプロヴァンス市内から何度か道に迷いながら、数時間かけて何とか辿り着きました。旧市街の入口あたりで最初に迎えてくれたのはヒマワリの仲良しカップルでした。ゴルドは大変美しい街ですが、今回は次回の仕事に備えた視察と打ち合わせのための短い滞在となりそうです。

2018年8月16日木曜日

エクスアンプロヴァンスの風景

やはり、サントビクトワールの山がここの風景の象徴的存在です。いつもこの姿を目にすることが出来る人々は幸せですね。。。

2018年8月14日火曜日

エクスアンプロヴァンスのティータイム

エクスアンプロヴァンス市民の憩いの場として知られるパルクジュルダン緑地公園や、SNCF国鉄駅に近いホテル、ロワルネの中庭です。仕事終わりに、プールとよく手入れされたハーブを前に、ミックスフルーツのデザートとロゼワインでプチ贅沢なひとときです。南仏らしい気さくで気取らないホテルスタッフが、席に着いた私たちを放っておいてくれるサービスの無さが何よりのサービスでした。このホテルで宿泊させていただいたことは無いのですが、カフェラウンジやレストランはお仕事の打ち合わせを含めて数回利用させていただいたことがあります。平日の日替わりランチも美味しいレストランです。

2018年8月12日日曜日

タルティーヌランチをエクスアンプロヴァンスで

何度か前を通るTanneurs通りの人気のタルティーヌ屋さんでランチです。お店の名はLe tuyau 。ツヨーとでも発音すればよいでしょうか。。。"今日のおすすめタルティーヌ"をいただきました。生ハムとフロマージュ、茄子とキノコの暖かく贅沢なタルティーヌです。幸せな味でした。ごちそうさまでした。

2018年8月11日土曜日

バスの窓からのサントビクトワール山

南仏エクスアンプロヴァンスからの路線バスの車窓から見たサントビクトワール山です。写真ではその感動が伝わらないのが残念ですが、何度見ても毎日見ても感動的です。だからこそ、多くの画家がこの山を描かずにはいられなかったのでしょう。

2018年8月10日金曜日

エクスアンプロヴァンス、日常の風景

エクスアンプロヴァンス旧市街を歩くと、様々な風景を目にします。オリーブオイルに様々なハーブを加えたオリジナルオイルをテーブルにずらりと並べるランチタイムのレストランも、ここでは、ごく普通の風景です。香ばしいニンニクの香りに後ろ髪を引かれながらも、仕事場へ急ぎます。

2018年8月8日水曜日

セザンヌのかたち

昨日のエクスアンプロヴァンス・グラネ美術館からもう一枚、セザンヌの作品です。この絵は一年間限定で他から借り受けている作品のようですので、来年はもうここでは見ることが出来ないものと思います。晩年のセザンヌが描いたエクスアンプロヴァンス郊外、トロネの道の風景画です。優しさと激しさが同居した、そんな絵のように感じますし、セザンヌがセザンヌ自身の意思によって辿り着いた”かたち”が感じられるようにも思います。セザンヌがこれらの絵を描いていたころ、パリでは新しい芸術評価が進み、美術サロン界でもこれまでのル・サロン展にとってかわるサロン・ドートンヌ展やパリ・アンデパンダン展など未来志向の展覧会が開催されるようになりました。時代がようやくセザンヌに追いつく。そういうことが、これからやってくる時であったに違いありません。


2018年8月7日火曜日

セザンヌの友人

エクスアンプロヴァンスに来ると必ず立ち寄らせていただくのがグラネ美術館です。そこにある3号ほどの小さな油絵と向きあうと、まるで時間が止まったかのようです。セザンヌが大好きだった友人を描いた一枚です。「エミール・ゾラのポートレート(1862-1864)」。当時の若い二人とほんの一瞬ですが同じ時間を過ごせたような気がいたしました。

2018年8月6日月曜日

エクスアンプロヴァンスの街角

7月のはじめごろ、このブログに登場したタルティーヌ屋さん。地元で人気のフランス版ファーストフードです。次回は昼食時に立ち寄り中に入ってみたいと思います。日本もフランスも暑い日が続きます。

2018年8月5日日曜日

エクスアンプロヴァンスのバスターミナル

エクスアンプロヴァンスに到着。街の玄関口となる3年ほど前にリニューアルされたバスターミナルです。そして今はエクスアンプロヴァンスの街のあちらこちらが長期にわたるリニューアル工事中です。短い間ですがエクスアンプロヴァンスの様子をお伝えできればと思います。

2018年8月4日土曜日

パリベルシー、暑い日はお肉で

日本もフランスも酷暑の日々ですが、体力回復にはお肉もありですね。昨日ランチでお邪魔したレストランメニューの写真です。夜でも15ユーロ程度でミニサラダとポテト付きの180グラムステーキがいただけるようです。気軽に入れるこういった食事処をいくつかチェックしておくと、あまりの暑さで外食に頼らざるを得ないときなどに役立ちそうです。

2018年8月3日金曜日

パリ、ベルシーで気軽にランチ

お仕事の関係で、よく通るパリ12区ベルシーヴィラージュのクールサンテミリオンの商店街ですが、ようやくその中の一軒でランチしました。Aubrac地方の素朴な料理が中心の「Partie de campagne」です。以前と同じステーキランチが黒板メニューになっていましたので、9.90ユーロのステーキ、サラダとポテト添えです。もちろん、パンが付きますので、とてもリーズナブルです。噛み応えのある本来の肉らしいステーキに胡椒でピリッとした味付けをして、いただきました。暑い夏にはエネルギー源になりそうです。ごうちそうさまでした。日替わり黒板メニューの内容によりますが、是非また来たいと思う、地元のビジネスマンやOLさんたちで賑わうパリのランチタイムでした。

2018年8月2日木曜日

パリ冷蔵庫通り、多彩なアートジャンル

再び、この通りを通ると、前回は気付かなかった看板がありました。記載されている内容からは、ここが、ありとあらゆる芸術ジャンルの交差点的役割を果たしてきた場所のひとつであることが想像できました。他に15区の芸術家ハウスなど、古くから有名な場所もありますし、まだまだ興味深い場所がパリ市内だけでも沢山ありそうです。

2018年8月1日水曜日

今日も賑わうパリのベルシーヴィラージュ

先日ランチが気になったベルシーヴィラージュのレストランの前を通ると今日も賑わっていました。テラス席も店内も満席です。ヴァカンスシーズンですが地元の常連さんも多いようです。今日も先を急ぎます。

人気の投稿