2018年12月31日月曜日

よいお年を

パリ5区、エコール通りのカフェです。ソルボンヌ大学をはじめ、有名な学校施設や老舗の書店などが集まるパリでも特に歴史ある界隈ですが、近年は日本人シェフのお店も登場するなど、少しずつ変わってきているように思います。新しい年がこのカフェの日常のように平和であることを願います。それでは、皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

2018年12月29日土曜日

パリ9区で久々ランチ

9区のリエージュ通りの小さなレストラン「Le petit liege」で久々ランチです。メインは牛薄切りステーキです。お肉で年末年始を乗り切ろうと思います。庶民的な前菜と2品で13.50ユーロ。今回も美味しくいただきました。

2018年12月27日木曜日

ボルドーからパリはTGV-INOUI

ボルドーとパリ間の超特急列車TGV-INOUIは快適です。TGVとしてはめずらしく食堂車内に着席して食事ができる簡易的なBOXテーブルと椅子もあり、カウンターのみの従来のTGV車両とは少し異なります。ですが、、、いつものカウンターに慣れていますので、今日もカウンターで景色を眺めながらコーヒーをいただきます。美味しくいただきました。

2018年12月26日水曜日

ボルドーの風景

ボルドーの風景にはいつもこの川があります。ガロンヌ川の色はいつも茶色に濁っていますが、これはプランクトンなどの関係だそうで、水質は良いのだそうです。ボルドーでの仕事も一段落し、次へと向かいます。また、この素晴らしい街の何気ない風景が紹介で来ます日を楽しみにこの地を離れます。

2018年12月24日月曜日

今日はクリマス

フランスはクリスマス休暇。私たちは年末までにあと一仕事です。皆様、是非素晴らしい年末年始をお過ごしください。

2018年12月23日日曜日

明日はクリスマス

明日はクリスマス。フランスでも日本でもブッシュドノエルなど店先でクリスマスケーキを目にすることが多くなりました。穏やかなクリスマスの日になることを願います。

2018年12月22日土曜日

ボルドーの眺め、ペイベルラン塔

233段の階段で一番上の階にたどり着くと、美しいボルドーの景色を見ることが出来るペイベルラン塔。さらに素晴らしい絶景が見渡せる他の所もあるのですが、今の体力ではこの塔に上るのが精一杯ということで、ひとまずボルドーを発つ前のお昼休憩の時間に上ってみました。この地の歴史とそれを敬う現代人の知恵によって洗練された街並みになっているように感じます。

2018年12月21日金曜日

ボルドーでフォアグラポアレ

クリスマスも近いということもありますし、一度くらいは奮発して、、、ということでボルドー旧市街の一角でフォアグラランチです。前菜メニューですがボリュームがありますのでランチならメインの一皿としてお願いできそうです(恐縮ながらお願いいたしました)。ゴロゴロとしたたくさんの栗と厚切り熱々のフォアグラのポアレにお口が喜んでいます。24ユーロの一皿です。写真がピンボケでうまくありませんが、味はうまいのひとことです。Porte de la Monnaie通りにある「La Tupina」は 現地の日本人駐在員の皆さんにも人気のお店で、狭い通りにひっそりといった感じですが、店内は活気があり、お肉を焼く炎が心まで温めてくれるようです。

2018年12月20日木曜日

ボルドー、白いカヌレ

前回打合せを行ったボルドー駅前の「LE CAP VERS」で夕食をとりました。夜も気軽な定食があり普段使いにも便利です。本日の前菜に白いカヌレと書かれてあったので注文するとカヌレの形をした温かいチーズ。美味しくいただきました!この地方らしい一皿でした。

2018年12月19日水曜日

カヌレ、ボルドーの名物です

ボルドーの名物のひとつに日本でもお馴染みのカヌレがあります。現在ボルドーで一番よくみるカヌレ屋さんといえば「BAILLARDRAN」だと思います。ボルドー駅ナカの売店でおひとつ購入。カヌレを扱うお店は実にたくさんありますので、食べ比べも楽しそうです。ここのカヌレは外側の固い部分が分厚く仕上げられていて中はしっとりといった感じで仕事終わりに美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

2018年12月18日火曜日

ボルドー、憩いの湖

ボルドーの北側にあるスタジアムやパルクエキスポ近くの湖の風景です。展示会関係の打ち合わせでパルクエキスポへトラムで向かいますが、ひとつ手前の駅を降りて湖沿いを歩いていくのが気分転換になります。イベント時以外は観光客は少なく、まさに地元の人たちの憩いの場です。

2018年12月14日金曜日

ボルドー、BATは水上バス

昨日紹介しましたボルドーの水上バス。ボルドー中心地のブルス広場近くにも停留所があります。通称「BAT」として親しまれているこの水上バスは正面から見るとなかなかハンサムです。船長さん、本日もありがとうございました!

2018年12月13日木曜日

ボルドー、船上からの風景

ボルドーではバスやトラムと同じ切符で水上バスにも乗ることが出来ます。パリでも以前はあったのですが、なくなってしまったのか、最近は聞かなくなりました。昨日紹介させていただいたワイン博物館にもこのボートで行くことが可能です。水上からの景色も気分転換に良いものです。

2018年12月12日水曜日

ボルドー、やっぱりワイン

天井からワインボトルが沢山ぶら下がっている斬新なホール。実はここはボルドーのワイン博物館「LE CITE DU VIN」にある絶景の最上階ホールです。入場は有料で会館内ではワインのことがいろいろ勉強できます。小さなお子さまたちの姿も多く、皆大人になるべくワインの勉強に熱心です。最上階でグラスワインの試飲ができるということで、やってまいりました。ボルドーといえば、やっぱりワイン。とっても勉強になりましたが、実際に飲むことを楽しみにしていらっしゃる方は、ここよりも街中のバーに直行するほうが良さそうです。

2018年12月11日火曜日

ボルドー駅前でビジネスランチ

先日立ち寄ったボルドー駅前の小さく気軽なレストラン「LE CAP VERS」21 rue Charles Domercqで、打合せを兼ねたランチです。手前の写真は今日の日替わりの鴨肉10.5ユーロ。フランスらしい一品に思えましたが、味は照り焼き風で焼きそばがつけあわせになった懐かしい味でした。デザート付きだと14.9ユーロです。夜用の定食もあり、こちらは3品で18.9ユーロだったと思います。 普段使いのビジネスマンの姿や、駅前ということで旅行客の姿も見られ、気軽に利用できる雰囲気です。美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

2018年12月7日金曜日

ボルドー、打合せ場所はタパスバー

ボルドー駅の目の前にあるとても気軽なレストランでタパスバーの「Le Cap Vers」。オープンしているのかどうかもよくわからないこじんまりした入口のドアから入ると中は雰囲気が異なり明るく良い雰囲気。後日の打ち合わせのための予約を取ろうと立ち寄りましたが、黒板に書かれたお得なランチを思わずいただいてしまいました。ご馳走様でした!アビアント!

2018年12月6日木曜日

ボルドーで見るモネ、その2

昨日のモネの絵の近くに寄った画像です。北フランス、ディエップ近くの小屋を描いているそうです。近くで見ると様々な線と面、そして色が重なりあい、形が作られていることが理解できます。鑑賞後に外に出るとまるでモネの作品のようにブルス広場の水鏡に映る美しい日の光が目に飛び込んできました。

2018年12月5日水曜日

ボルドーで見るモネ

モネが北フランスの漁師小屋を描いた作品のなかの一点。ボルドーの水鏡のすぐ近くにあるブルス広場に面した税関博物館で見ることが出来るモネ1882年の作品で、写真のように作品を独占して鑑賞できる空間です。フランスにはこのような贅沢な空間が本当にたくさんありますね。




2018年12月1日土曜日

ボルドーの水鏡

フランス、ボルドー中心にあるブルス広場前の水鏡です。人が歩いて渡れるほどの水がひかれた極浅の噴水の水面に美しいボルドーの街が映し出されていました。近年になって作られた新しい名所ですが、トラムでも徒歩でも必ずと言ってよいほど通る場所にあるこの水鏡を見るたびにボルドーにいることを実感します。きっと、ボルドーを訪れる誰もがそうに違いありません。

2018年11月30日金曜日

明るいガラス屋根のボルドー駅

昨日のTGVで到着した際のボルドー駅です。まだ新しいガラス屋根に覆われた明るいホームが印象的なボルドー駅。パリ市民に是非住んでみたいと思わせる街らしく、洗練された雰囲気です。初めて来たのは30年ほど前ですが、その時とは随分イメージが変わりました。それでも、ワインにカヌレにフォアグラに、、、と食に関しては変わることはなさそうです。

 

2018年11月29日木曜日

ボルドーへ、楽しみは車中食

パリからTGVでボルドーへ。昨年新しくTGV直通便が出来た両都市間は2時間で行くとが出来、とても便利になりました。幸運にも2等席と1等席の前売り料金が同じでしたので迷わず1等席に。フランスらしいデザイン重視の1等席はなかなか面白かったのですが、2等席でも十分です。TGV INOUI(イヌイと呼ぶようです)に乗って、いざボルドーへ!プチ贅沢をして一流シェフによるお気軽弁当メニューBOCOがここでのささやかな楽しみです。今日はフランスのテレビでも人気のLORAINさんプロデュースの一品でした。デザートのチョコレートムースが大変に濃厚で美味でした。ごちそうさまでした!

2018年11月27日火曜日

パリ5区、美味しいクロワッサン

2018年、イルドフランスのコンクールで1位になったクロワッサンを販売する「Maison d'Isabelle」です。5区の地下鉄モーベールミチュアリテ駅前のモーベール広場にあります。持って帰っても表面のカリカリ感が損なわれないように、よく見るクロワッサンよりもずいぶんしっかりと焼き色がついて中のもっちり感も維持されているといった感じのクロワッサンです。この場所はここ数年でお店が2回ほど入れ替わっていますが、この「Maison d'Isabelle」さんはクロワッサン効果で頑張ってほしいです。嬉しいことに、ちょうど焼きあがったタイミングのクロワッサンを食べ歩きし、残りを持って帰って冷めてからも美味しくいただけました。きっと賞の審査員さんたちは、さまざまなことを想定して難しい判断をしているのでしょうね。ご馳走様でした。
 

2018年11月25日日曜日

パリ、イチゴタルト再び

パリ、ポルトドヴァンセンヌ近くへ来ましたので、先日ここに載りましたパン屋さんに立ち寄りました。ショーケースには美味しそうなタルトやケーキがならびます。迷った末にやっぱりイチゴタルトで決まりです。


2018年11月21日水曜日

パリ、9区で定食ランチ

仕事で9区のリエージュ通り界隈に来ましたので、先日通ったリエージュ通りに入ってすぐの小さなレストラン「Le petit liege」に入りました。2品で13.50ユーロ。3品で15.50ユーロです。まず2品頼んでお腹の様子を見て3品目のデザートでも良いでしょう。写真は前菜です。4種の中から選べました。パリの食堂らしい家庭的な一品です。

2018年11月20日火曜日

パリ、廃線の線路の上

見上げると、鉄道橋がパリの街中に、、、。パリ12区の東側ではよくこのような風景に出会います。この橋の上には線路があるのですが廃線になっています。ここを緑化して花壇、菜園、公園や遊歩道として活用する計画になっているそうです。完成するとパリを少し違った景色で見ながら散歩できそうで、楽しみです。

2018年11月19日月曜日

パリ9区、小さなビストロ

9区、LIEGE(リエージュ)通りに入ってすぐの小さなレストランのランチがお得だと聞いていましたが、ここのようです。黒板メニューはなるほどパリのランチとしてはリーズナブルですね。しかし、今日は仕事の道中で通り過ぎるだけ。近いうちに立ち寄ってみましょう。この界隈は商店も多く、劇場もあって、大変賑やかでパリらしい界隈です。

2018年11月18日日曜日

パリ、パン屋さんの美味しいイチゴタルト

パリ、ポルトドヴァンセンヌの駅から南に3分ほど歩いた場所にあるパン屋さん「CHANTRELLE」。Dc.Netter通りとSt-Mande大通り(Av.)が交差するところにあります。いちごのタルトがとても素朴で手作り感たっぷりなのですが、イチゴがまるごと6~7つぶほどのっていて、とても甘く、美味しくいただきました。ごちそうさまでした!疲れた時にはフルーツが最高ですね。

2018年11月15日木曜日

パリで駅弁

パリのリヨン駅構内に11月末までの限定で駅弁屋さんが復活です。2年前に大変お世話になった駅弁屋さんが復活ということで嬉しい限りですが、期間が短く残念です。フランスのブランド牛、シャローレ牛を牛丼スタイルでお弁当にしたものなど、前回よりも多くの日本のお店が参加しているようで、楽しいお弁当が数種類並んでいました。移動のTGV車中で大変美味しくいただきました!

2018年11月13日火曜日

フランスの大型スーパーで朝食

フランスのスーパーマーケットのカルフールやオーシャンの大型郊外店に行くと、その中には必ずお気軽なカフェコーナーやテイクアウトして椅子に座って食べることが出来るファーストフードコーナーがあります。お仕事前の出勤途中、昼食用のパンを買い込むついでに短時間で朝食をとるのにとても便利です。モンペリエ郊外のカルフールショッピングセンター内の軽食スタンドでは、アプリコットパンとカフェオレにオレンジ3つを絞った生ジュースのセットで3.90ユーロと、とてもリーズナブルで且つフランスらしい朝食が気軽にいただけ、大変助かりました。ご馳走様でした!

2018年11月10日土曜日

南フランスアリーナにて

モンペリエ郊外、空港やハーバーを有するペロルにある南フランスアリーナの開館前の風景です。格好いいですね!夜になると屋根が様々な色に変化するライトアップが楽しめます。日本でもお馴染みのディズニーオンアイスや著名ミュージシャンの大型コンサート、来年にはマレーが参加を発表している南フランスオープンテニスなどが開催される国際見本市会場管轄の大型ホールです。今はフランス各地からギャラリーが集まり、現代美術フェアが開催されています。フランスの公共施設にしてはお手洗いがいつも清潔なので、ここでのお仕事期間中は毎回使用させていただく者といたしましては大変に助かります。お掃除係の方に感謝です。モンペリエ近辺はこの季節にしては珍しいゲリラ豪雨に時折襲われております。やはり、世界的に異常気象なのですね。

2018年11月9日金曜日

モンペリエの現代アート展

いつも仕事の合間の通りすがりの風景や食事の写真ばかりですが、今日は真面目にモンペリエでお仕事をしているスタッフの現場の様子をお届けします。モンペリエ郊外の大きなホール、南フランスアリーナで日曜日まで開催中の現代アートフェアの様子です。個人出展は不可のフランスのアートギャラリーが中心にセレクションされた展示ブースが並ぶ本格的なプロフェッショナルフェアです。4枚の写真を頑張って一枚にまとめてみました。国際見本市会場自体が主催するフランスの公式現代アートフェアとしては最も新しい展覧会で、魅力的な日本人アーティストによる力作も海を渡って展覧中です。

2018年11月6日火曜日

パリ、夜の赤い猫

パリ、ポルト・ド・ヴァンセンヌ。昨日の赤い猫の下を今日も通ります。今夜は昨日と反対側から見た赤い猫です。昼に出会った猫とはまるで表情が違っていました。猫はパリの東端で昼夜を問わず行き交う人を見つめています。

2018年11月5日月曜日

パリの赤い猫

パリ12区の東側、地下鉄ポルト・ド・ヴァンセンヌ駅上の大通りCOURS DE VINCENNESから南側へ入る路地(Passage de la Voute)で赤い猫を発見しました。シャルル・トウルネの詩”Le soleil et la lune”がモチーフとなっているとか。なんとも趣のあるとても短い芸術的な路地でした。



2018年11月4日日曜日

パリ、画廊の主と再会

トラ猫のリルと久しぶりの再会です。少し太ったかな。素晴らしい作品と美味しい食事に恵まれて、幸せなパリの画廊主です。

2018年11月3日土曜日

パリの学食で満腹です

パリ12区、フランソワミッテラン図書館からセーヌ河原におりると停泊している人気の学食船「La barge du crous Paris」で昼食です。何度か利用させていただいていますが、今回は図書館に仕事で用事があったのでその途中で潜入です。学生さんらを中心に混雑し、相席覚悟になりますし、順番待ちの学生さんたちの席のために、あまりゆっくり出来ませんが、外食が高価なパリで一般客7.2ユーロでこれだけ食べることが出来るのは嬉しい限りです。しかもセーヌ川が目の前です。ごちそうさまでした!

2018年11月2日金曜日

パリ、季節のフロマージュ

5区で人気のチーズ屋さん、MOFのローアン・デュボアさんのお店でこの季節ならではのチーズ、モンドールを購入しました。年の一度のプチ贅沢です。今日は香りと眺めるだけでお安いテーブルワインをいただき、主役のモンドールは、後日、オーブンであたためていただきます。。。

2018年10月30日火曜日

パリ、ボーパサージュの風景

一日で終わるお仕事はほぼ無いため、ひとつのお仕事に関わらせていただくと、一定期間は同じ界隈を行き来します。と、いうことで、今日もパリ、ボーパサージュの風景です。今日は急ぎ足で通り過ぎるだけです。先日のカフェ・ピエールエルメは写真の突き当り付近にあります。

2018年10月28日日曜日

パリ、発展途上のボーパサージュでお茶

パリ7区、ボンマルシェ百貨店にも近いグルネル通り53-57番地の中庭側に話題のシェフやパティシエたちのお店がならぶボーパサージュがあります。今一番新しいパリの話題のスポットのひとつです。アルザス出身のパティシエで今や世界的に活躍するようになったピエールエルメによるカジュアルなカフェでお茶をしました。カジュアルといっても、名物ガトーの数々は多店舗と同じです。このパサージュはまだ未完成のようで、これから入るであろうお店が準備作業中の場所もちらほら見受けられますので、半年後くらい先に再訪してみるとよいかもしれませんが、高い話題性はありながらも、今ならまだ穴場的存在のパサージュといえそうです。

2018年10月27日土曜日

パリ、モスクで定番のクスクス

よく通りすぎるパリ5区のモスク・ド・パリ。めずらしく中に入りレストランでランチです。クスクス・ブロシェットは17ユーロ。クスクスのスープはお店によって随分と味や風味が異なり、自分好みのお店を探すのは一苦労です。ここのクスクスも好きですが、よりわたしたち好みのお店が数件ありますので、また、訪ねた際にご紹介させていただきます。ちなみにここは、味を調整するレーズン、アリッサ、ひよこ豆のクスクス3種の神器を沢山つけてくれるので嬉しい限りです。随分気温も下がって冬の気配のパリで、温かいクスクスを美味しくいただきました。ごちそうさまでした!

2018年10月26日金曜日

パリ、ジョルジュブラッサンス公園の風景

パリ、ジョルジュブラッサンス公園のシンボルの時計塔です。以前は小さな池の中心に静かに建っていましたが、今はご近所の皆様の憩いの場として整備され、時計塔も幾分誇らしげに聳え立っています。なぜか故郷に戻ってきたと感じさせる場所の一つです。

2018年10月24日水曜日

パリ15区のストリートアート

パリ15区の静かな住宅街を歩いていると、とあるマンションの壁一面にパリ北東部のウルク界隈でよく目にするDACRUZの壁画が現れました。この地域には不釣り合いにも感じる彼の作品ですが、住宅街の公園に現れたトーテムポールを思わせる壁画は見ているだけでも楽しい気分にさせてくれました。今のパリにはこういった風景があちらこちらで見られるようになりました。

2018年10月22日月曜日

パリ、名物の巨大ミルフィーユ

パリ12区ベルシーヴィラージュのすぐ近くにあるアヴェロン地方局の建物にあるアヴェロン地方料理のレストラン、オーベルジュ・アベロネーズ(40 rue Gabriel-Lame 75012 Paris)。アヴェロン地域の方との打ち合わせで利用させていただくところです。今回はでデザートにこのレストランの名物のひとつ、ミルフィーユ。とても素朴なお味で大きくても平気で食べられます。お連れ様のクレームブリュレもフランス家庭の味でよい感じとのこと。ごちそうさまでした!

2018年10月21日日曜日

パリ、窓に映る日常の風景

窓に映る風景も絵になるパリです。芸術週間のパリは大変賑やかですが、個人的には2月ごろの落ちついた雰囲気が気に入っています。芸術の秋ということで、私たちも日々のお仕事に追われておりますが、せっかくですから、たまにはそのお仕事の現場もまた紹介させていただければと思っております。


2018年10月20日土曜日

パリ、ヴェルレーヌの見た景色

パリ5区。フランスの偉大な詩人ポール・ヴェルレーヌが住んだアパルトマンの上層階からの眺めです。パリの屋根の向こう側にはパンテオンが。。。とてもパリらしい風景です。こういった環境の中、素晴らしい詩が生まれたのですね。

2018年10月16日火曜日

パリ・モスクの猫のシマちゃん

パリ5区の植物園横にある寺院モスクのネコちゃんはいつも気まぐれです。シマちゃんと勝手に名付けていますが、人に媚びずにマイペースなところがパリのシマちゃんらしいところです。

2018年10月13日土曜日

パリ15区、日仏フィグー社の原点です

パリ15区、ブランション通り。レンガの外壁が目立っているこの建物の小さな一室で約30年ほど前に3か月だけ時を過ごしました。その3か月間が今の私たちの礎となりました。どの街のどの建物の何気ない風景の中にも、それぞれに思い出深い物語がきっとあるに違いありません。当時はとても美味しく著名人も集まるクスクスのレストランが一階にありましたが、今は赤いテントのレストランTONTONSでクスクスの気配はありません。そんなことを思い出していると、温かいクスクスが食べたくなってきました。。。

2018年10月8日月曜日

パリ15区、オレンジプレッセ

パリ15区のジョルジュブラッサンス公園は30年ほど前から、事あるごとに立ち寄るお気に入りの広場です。随分と整備され、その姿は30年前とは少し異なりますが、地元の人たちがくつろいでいる風景は変わりません。その広場の正門前にあるカフェ、アルトゥール・エ・ジュリエットでオレンジプレッセ4.9ユーロをいただきながら休憩しました。

2018年10月6日土曜日

パリ、モスクのタジン・メニュー

先日、前を通り過ぎたパリ5区のモスク寺院。5区はとても居心地の良い界隈です。今日は通りすがりにモスク寺院内のレストランのメニューだけ覘かせていただきました。臨時の日を除いて毎日オープンしているお店です。タジンは一人前15~17ユーロ。その他クスクスやスイーツ類もありました。私たち、日仏フィグー社のお仕事柄、今は芸術の秋本番で寝る間もないほどにとにかく忙しい日々なのですが、食べないことにはエネルギーがわきませんので、食の秋でもあるということで、今日も結局、食の話題になりました。。。

2018年10月5日金曜日

パリ、鰻の野田岩さん

鰻が食べたくなり、奮発してサントノーレ通りのNODAIWAさんへ。このお店の数種のうな丼の中で一番量が少なくお安いうな丼を注文。22ユーロ。それでもお吸い物やお漬物などが付くなど十分でした。近年、鰻は日本で随分お高くなっていますので、ここでの割高感は過去のものとなりました。基本的にはヨーロッパの鰻ということで日本では食べることが困難な貴重な鰻です。お弁当(持ち帰り)だと、16ユーロと随分お得になりますので、近くに宿泊の方には嬉しい限りです。最近は日本人以外のアジアの皆様や地元パリ市民の姿も多くみられ、鰻の蒲焼も多くの国の人に知られるようになってきたようですので、ますます鰻不足が加速しそうです。

2018年10月4日木曜日

パリ、日替わりはブロシェット

先日下見をしておいたフランソワミッテラン図書館近く、84 Avenue de Franceに位置する赤いテントのカフェDupontにて打ち合わせを兼ねたランチです。日替わりランチはビーフの串焼き(ブロシェット)で16.9ユーロ。美味しくいただきました。この界隈はエリートビジネスマンのランチ処ですので、少々お高めです。お連れさまはDupontバーガー、15ユーロ。なかなか美味しそうでした。

人気の投稿