2018年5月30日水曜日

ストラスブール中心部の風景

グーテンブルグ広場から大聖堂を見上げます。ストラスブールのノートルダム大聖堂は何か他には無い雰囲気が感じられます。それは実際の姿を目の前にしないと感じられない感覚です。何度も足を運んでみたくなる場所のひとつです。

2018年5月29日火曜日

ストラスブール、久しぶりの大聖堂

昨夜、ストラスブールに到着した時はすでに真っ暗。そこに浮かび上がった大聖堂の圧倒的な迫力と美しさに毎回新鮮な感動をおぼえます。

2018年5月27日日曜日

サントビクトワールとしばしの別れ

エクスアンプロヴァンスからスイス・バーゼルを経由してストラスブールへと移動です。セザンヌの絵の迫力そのものといえるサントビクトワールの山ともしばしのお別れです。

2018年5月23日水曜日

工事現場のセザンヌ

ロトンド広場周辺など、2021年までを目処に続く、エクサンプロヴァンス中心部の大型工事。セザンヌ像も、じっとその成り行きを見守っているようです。セザンヌの視線の先、工事現場のそのまた先には、遠くサントビクトワールの山が聳え立っています。

2018年5月22日火曜日

セザンヌ最期のパレット

エクサンプロヴァンス、グラネ美術館の地下に展示されたセザンヌ最期のパレットです。夜間延長日、仕事帰りに立ち寄らせていただきました。親指でおさえた跡が残るパレットを見るだけで、胸が熱くなります。

2018年5月20日日曜日

レドゥーギャルソン、南仏のカフェ

レドゥーギャルソンといえば、エクサンプロヴァンスのミラボー通りのカフェとして有名です。残念ながら、なかなか、ここでお茶をいただく機会を持つことは出来ず、いつも、目の前を通るだけです。ですが、同じこの風景をセザンヌやエミール・ゾラらがいつも目にしていたのだと思うと、それだけで嬉しくなります。このカフェの目の前には、セザンヌの父の仕事場があったそうです。

2018年5月19日土曜日

スーパー(モノプリ)食材で出張食

エクサンプロヴァンスでの仕事帰り、モノプリでカットサラダ、むきクルミ、コンテチーズ、ビン詰め焼きアーティーチョーク、生たまごを購入。カットサラダにクルミとカットしたコンテチーズ、アーティーチョークをのせ、たまごと残りのカットサラダをまぜてつくったオムレツをのせ、バルサミコ酢とケチャップをかければ、超簡単出張ディナーです。最後は良く寝られるように、ロゼのテーブルワインで終了です。

2018年5月18日金曜日

南仏エクサンプロヴァンスの美術サロン

今日は、久しぶりにお仕事の様子の写真です。ARMANやVASARELYなど、近現代美術ファンなら誰もが知るアーティスト達の作品が発表された南フランスのギャラリーブースの隣で日本からの現代アーティスト作品プレゼンテーションに挑む5日間です。開幕日、地球の裏側の日本から5名のアーティストの皆さんがご来場になられたことは大変に心強いことでした。フランスは芸術大国だけあって常設の美術館は当然すばらしいのですが、こうしたサロン展は、美術館とは異なる今の現地フランスの本当の美術界を知ることが出来る、極めて貴重な機会です。
 

2018年5月17日木曜日

エクサンプロヴァンス、地下通路の入口

エクサンプロヴァンスの中心、ロトンド広場の一角に地下への通路が。その入口にはクレープ屋さんやクリーニング屋さんの看板があり、気になりつつも、いつも時間の無い時に通り過ぎるだけです。近いうちに、地下へ下りてみたいと思います。。。

2018年5月15日火曜日

セザンヌの山

エクサンプロヴァンス、サンビクトワールの山。この山を描いた最も有名な画家といえば、やはりセザンヌです。多くの画家の写実作品以上に物の魅力を伝える優れた作品をセザンヌが独自のスタイルで手掛けていたという事実は、この地に足を運んで、実際にこの山を間近に見ると納得できるはずです。

2018年5月14日月曜日

セザンヌの町

エクサンプロヴァンス。セザンヌの町としても有名です。中心地の広場、ロトンドにある彼の像は街に溶け込み、地元のタクシードライバーたちと談笑しているように見えました。実際の晩年のセザンヌは、街に溶け込むことなく常にサンビクトワールの風景と格闘していたことでしょう。。。
 

2018年5月13日日曜日

アヴィニョンの車窓

TGVでアヴィニョンに到着し、ひと仕事しましたら、すぐに移動です。アヴィニョンの元法王庁の迫力ある建物が遠くに見えます。次の仕事場はエクサンプロヴァンス。今日はトライアスロンレースのファイナルが開催される日のようです。

2018年5月12日土曜日

パリ・リヨン駅発TGVの車内食です

パリ・リヨン駅からアヴィニョン駅へ向かっています。お楽しみは、たまのプチ贅沢の車内食。トップシェフたちが参加するカップメニューBOCOの定食をチョイスしました。本日のメイン、デザート、パン、ドリンクで17ユーロと、ちょっとした贅沢です。

2018年5月11日金曜日

セーヌに白いアリの行列登場

セーヌ川、12区の河畔でこんな風景が、、、セーヌ川を行き交う貨物船で遠方から運ばれてきた土砂が陸揚げされ、様々な工事現場で活躍するのでしょう。

2018年5月10日木曜日

毎年恒例、パリ郊外の移動遊園地

パリ東部、ヴァンセンヌの森の入口、トラムやメトロのポルト・ドレー(またはポルト・ド・シャラントン)から歩いて数分の場所に毎年3月~5月(2018年は5月27日まで)にかけて、大掛かりな移動遊園地「Foire du Trone」が出現します。入場無料ですので、地元の人たちが楽しむ風景を見ながら屋台でホットドッグを食べるだけでも、にわかパリ市民の気分です。夜22時ごろまでオープンしているので、仕事終わりに立ち寄って、夕食がわりにクレープをいただいて帰りました。スリには注意が必要です。

2018年5月9日水曜日

パリ、セーヌ河畔でティータイム

5月としては歴史的暑さが続くパリのセーヌ河畔には多くのカフェテラスが登場し、優雅にお茶をする人々の姿が見られます。つい2~3か月前には増水で大変だった景色とは全く異なります。彼らのくつろぐ様子を横目に次の仕事場へと急ぎます。。。

2018年5月8日火曜日

パリ・サンルイ島、橋の上のピアニスト

パリのサンルイ島を訪ねたところ、ノートルダム寺院のあるシテ島とサンルイ島を繋ぐ橋の上でピアノの演奏が行われていました。帰りに再び通ると、別のピアノが運び込まれ、次のピアニストの演奏が、、、。パリの昼下がりの光景でした。

2018年5月7日月曜日

夏の陽気、5月のパリの風景

5月上旬とは思えない陽気のパリ。28度まで気温が上昇した日曜の午後、セーヌの河岸には日なたぼっこをする多くの人の姿がありました。仕事の移動中、うらやましい思いで眺めていました。夏のバカンス気分もつかの間、数日後には、5月の平年の気温に戻りそうです。

2018年5月4日金曜日

パリのサッカースタジアム

パリ北郊外のサンド二のサッカースタジアム横を通りました。あとでふりかえると、今はネイマール選手のパネルが見られる貴重な期間であるに間違いありません。

2018年5月3日木曜日

パリに戻りました

パリ。と、いいましても今いるのは、12区の外れ、一番東の端、ヴァンセンヌの森の入り口あたりです。車が多く決して落ち着いた界隈ではありませんが、少し歩くと品のよいレストランやパリ市民いこいの広場なども点在しています。

2018年5月2日水曜日

リール、休日の風景

本日は、お仕事の合間の休日。リール市内を散歩です。市民の憩いの場として、こんなところもあります。ワッフルの屋台が出ていました。

人気の投稿