2018年6月16日土曜日

彫刻家カミーユ・クローデルの気配

パリ、サンルイ島。この周辺での仕事の時には、北側のセーヌに沿った歩道を歩いて島を通過することが多いのですが、ロダンに大きな影響を与えたといえるカミーユ・クローデルが暮らし、アトリエにしていたアパルトマンもこの通りにあります。ちょうど、その建物を観光客らしきご夫婦が眺めていらっしゃいます。彼女の気配が今も残るような、、、静かな通りの風景です。

人気の投稿