2020年12月22日火曜日

パリCDG空港、それぞれのノエル

パリCDG空港内にも所々でクリスマスツリーを目にすることが出来ます。ノエルですねー。2020年も早くも12月下旬に差し掛かります。今年の春には防護服の完全防備でフランス入りする団体さんの姿に驚いたものですが、今では、決して驚くようなことではないと感じています。世界へ目を向ける人たちを守るために、春の段階ですでに多くの対策を取ってきた人たちやその国を敬う気持ちになります。。。今年の12月はこのブログをあまり更新できませんでしたが、来年は沢山のフランスのクリスマスの風景をお届けできますことを願っています。皆様へ、Joyeux Noël 2020!


2020年12月17日木曜日

パリ、「ラ・ブーム」の風景・その2

パリ5区、普段は教育関係者の皆様や学生にパリ市民、そして観光客で賑わうエコール通りからパンテオンに向かう上り坂。パンテオンの姿が目の前に迫ってくるころに左側の建物に現れる地味な鎧戸(ボレ)。先日もここで書かせていただきました1980年のフランス映画「ラ・ブーム」に登場した路地の鎧戸がそのままの姿で残っています。古いものを大切に保って長く使うフランスだからこそ、多くの映画のシーンもいつでも現実の世界の中で楽しめます。この鎧戸の前を主人公の女の子が通りすぎるシーンが蘇ります。今はマスク姿のパリのマダムが通り過ぎています。昨日のテレビニュースで、パリのリヨン駅が冬のヴァカンス客で賑わう様子を目にしました。年末に向けて、コロナ拡散が再び勢いを増さないように願うばかりです。。。 


2020年12月16日水曜日

パリ、日中の外出規制緩和です

フランスでは、ようやく日中は許可証なしで自由に街歩きできるようになりました。ただし、夜間の外出規制は継続され、まだまだ油断は禁物です。このパリ5区のパンテオン広場が多くの学生さんたちで賑わう普段の様子に完全に戻るまでには、まだ少し時間がかかりそうです。。。


2020年12月13日日曜日

パリ6区、ヴュルピアン像の風景

パリ6区、リュクサンブール公園にも近い路地にたたずむヴュルピアン像。いつもは学生さんたちの姿が多いこの界隈です。ヴュルピアンさんの様子がおかしいので、近付いてみると、、、彼もやっぱりマスク姿でした。早くマスクを外せる日が来るのを願っています!


2020年12月7日月曜日

パリ、仏映画「ラ・ブーム」の風景

パリ5区。幾度となく通るこの道も今日は静かです。この道を歩くたびに思い出す映画があります。当時新人だったソフィー・マルソー主演の1980年公開の青春恋愛映画で「愛のファンタジー」の曲が印象的だった「ラ・ブーム」です。フランスでは今でもテレビで時々この続編の「ラ・ブーム2」とともに放映されています。たしか、「ラ・ブーム」の冒頭のシーンで、リセの門(写真右側)から出て来てこの道を歩く初々しいソフィー・マルソーの姿があったように記憶しています。通りの向うの方に見えるバス停の姿も、突き当り付近に小さく見えるデカルト通りとの交差点の建物の外観も変わりましたが、それ以外は映画の世界そのままです。。。フランスの新型コロナの一日あたりの感染者数は順調に減少してきていますが、これからノエルと年末年始がやって来ますので、まだまだ油断は禁物です。


2020年12月2日水曜日

パリ、消防士さんたちも頑張ってます

パリ5区のモダンな消防署。茶葉を購入するためにお茶屋さんへ向かう道中、その前を通りかかると、消防士たちが消防車の点検と確認を繰り返し行っていらっしゃいました。ご苦労様でございます!そして、いつも有難うございます! 早くも2020年も12月。フランスのコロナ感染者数はひとまず減少傾向にあります。。。


人気の投稿