2019年7月11日木曜日

ピカソが描いたヴォーヴナルグの風景

エクスアンプロヴァンスのグラネ美術館で2019年9月まで開催されている企画展「サントビクトワール」で展示されている先日紹介させていただいたヴォーヴナルグ村を描いたピカソの2枚の絵です。1959年4月29日に描かれた雨のヴォーヴナルグが右。そして左が当日から翌30日にかけて描かれたとされる雨上がりのヴォーヴナルグを描いた作品です。長い間、離れ離れになってしまっていた2枚の絵がこの企画展では横に並んで一緒に展示され、ピカソが彼の視点で見た風景と時間の移り変わり、そして今も変わらぬヴォーヴナルグの空気感を見事に伝えてくれています。感動的な2作品が同時に、エクスアンプロヴァンスの小さな企画展でさりげなく展示されている。やはり、芸術好きにとって、フランスはパラダイスだと思いました。

人気の投稿